塩川カイロプラクティック塩川カイロプラクティック

不眠症

不眠症

倦怠感と頭痛があり、頭痛外来でも異常なしと言われた。

40代男性
来院に至った経緯

小学生の時から常に倦怠感があり、現在は肩こり首のこり頭痛がある。一日一回は鎮痛剤を飲んでいる。夜も何度も目が覚めてしまい熟睡できない。腰椎椎間板ヘルニア2回なっており、薬で治っている。
10年前から誘因なく頭痛の頻度が増え、頭痛外来も行ったが異常なしと言われた。なかなか改善しない中、たまたま見たYouTubeで見つけて来院。

初診の状態
  • 01

    頚部から肩部にかけての筋緊張

  • 02

    頚椎の可動制限

  • 03

    仙骨周囲の浮腫

経過と内容

・初診時は問診と徒手検査の情報により仙腸関節の可動制限がみられたため、仙腸に対しアジャストメントを行った。その後、左腰部の筋緊張軽減。上部頚椎に対してもアジャストメント。後頭下筋の緊張軽減。

・初診から11日後に来院。前回後、好転反応なく肩こりも楽になったと。同様の所見みられたため前回と同様にアジャストメント。

・前回から13日後に来院。肩こりは楽になった。倦怠感はまだある。 仙腸関節は可動改善してきて、頸部の緊張も軽減してきている。アジャストメント後、体表温度差も腰は安定して、頸部は少し変化みられる。

・前回から約15日後(4回目のアジャストメント)。先週、食中毒になり調子崩していた。 肩こりは落ち着いているが、不眠と倦怠感は変化なし。

・前回から10日後(5回目のアジャストメント)。倦怠感改善してきたと。仙腸関節はしっかり動いている。仙骨の可動制限に対してアジャストメント。体表温度差で頚部も安定してきた。

・初診から約2ヶ月半後(7回目のアジャストメント)。状態良好。睡眠もしっかり取れるようになった。メンテナンスに移行。


考察

小さい頃から倦怠感があり、学校から帰宅するとぐったりしていたそうです。ご自身でも生活習慣に気を付けジムにも通われていましたが、夜勤の仕事もあり、不規則な生活リズムの影響もあったようです。キッカケなく頭痛の頻度が増え、頭痛外来でも検査上は異常なく毎日痛み止めを飲む生活になっていたようです。

今回の場合、副交感神経領域の仙腸関節と上部頚椎の所見から、副交感神経機能低下により交感神経優位になり睡眠障害や倦怠感につながっていたと推測されます。サブラクセーションを長年放置してきたため、身体がシグナルとして頭痛を出していたと言えます。
最近は健康意識が高まり、生活習慣や運動を積極的に行う方が増えましたが、カイロプラクティックケアを受けることにより、脳と神経の連絡もスムーズに行え効果的な運動や健康の一助になれると思います。

執筆者金城 寿生

沖縄県糸満市出身 趣味はスポーツ観戦。柔道整復師の資格を取得し、接骨院やクリニック勤務を経験。良くならない患者や画像データに疑問を抱き東京カイロプラクティックカレッジに入学。休日を利用しカイロプラクティック界のパイオニア的存在である塩川カイロプラクティックスクールに参加し、塩川カイロプラクティック治療室での研修を経て入社に至る。塩川カイロプラクティック治療室の研修にて、人の治る力を何度も目の当たりにし、カイロプラクティックの素晴らしさを改めて実感。出会った皆様に提供していきたいと思います。

症例一覧へ戻る
pagetop