青い背景に手を腹に当て、月経日をチェックする青いドレスを持つカレンダーを持つ女性

なんと約80%の女性がPMSの症状で悩んでいる!

こんな経験はしたことはありませんか?

□イライラがとまらなく、ついネガティブ発言で人にあたってしまう
□つい甘いものや揚げ物が食べたくなって仕方がない
□眠くて、だるくて、動きたくなくなる
□お腹、胸の張りがひどく、全身がむくむ
□肩や腰がだるくて動きたくなくなる
□やる気が出なくて憂うつで、ひとりで落ち込んだりする
□頭がボーっとして集中力がなくなる
□買い物欲が高まり、ムダな買い物をしてしまう

このようにPMSの症状は様々、また毎回異なることもあり、終わってから「PMSが原因だったんだ」と気づく方も多い事でしょう。 今回のコラムでは、PMSに対する正しい知識とカイロプラクティックでの対策法をお伝えしていきます。

一般的なPMSに対しての治療法

一般的にPMSとは、排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係していると言われていますが、実際のところ本当の原因は明らかになっていません。

様々なストレスからの精神的な不安、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、急な環境の変化などといった体の外における外的要因が考えられます。 それらの外的要因を見直し、改善することがPMSの対策法とされてはいます。

また治療法として、鎮痛剤や低容量ピルなどが使用され、特に低用量ピルは人工的に作られたホルモン剤によって体内の女性ホルモンの量が一時的に増加します。

すなわち、脳が「妊娠状態」や「閉経状態」と錯覚して女性ホルモンの分泌量をストップし、一時的に症状の進行が治まっているだけなのです。 鎮痛剤や低用量ピルでの治療は、脳が錯覚しているだけなので根本的な治療ではありません。

ここで重要なことは、PMSの対策として外的要因だけに注目するのではなく、体の内に意識を向ける事です。 なぜなら私たちの体は常に変化しているからです。 毎回その変化に対応し続けるのは大変な作業になります。

だからこそPMSの対策として体の内に意識を向けることが大切なのです。 カイロプラクティックでは体の内に問題の根本原因が存在していると考え、PMSに対してアプローチしています。

カイロプラクティックでのアプローチ

PMSは排卵後に分泌される女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の急激な変動により、体の中で様々なシグナルを誘発しておきます。 そもそも、なぜそれらの女性ホルモンの分泌量が変動するのでしょうか?

それは脳と神経と体のサイクルに問題があるからです。

通常の排卵後は妊娠に向けて適切な女性ホルモンが分泌されます。 しかし脳が体の状態を把握することができなければ適切な女性ホルモンの分泌はスムーズに行われず、PMSの様々な症状が現れます。

脳と体の神経のサイクルが正常であれば、外的要因であるストレスや不安を受けても体は交感神経のスイッチを入れることで対応します。 生活習慣や環境が変化しても、その環境を脳は瞬時に把握し適切にホルモン分泌の指示を出し対応してくれます。

サブラクセーションによって脳と体の神経のサイクルに問題があると、どれだけストレスを無くしても、または生活習慣を見直したところでPMSの根本改善には至りません。

そもそもPMSは体のバランスが乱れていることを教えてくれる大切な身体のシグナルです。 その大切なシグナルをただ消すのではなく、しっかりと体の内から見つめ直していきましょう。 

カイロプラクティック・ケアによってPMSの根本原因を取り除き、快適な毎日を手に入れましょう。

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始