英語で不安と書いてある意岩を押している模型の人

ホルモンバランスが整えば不安感は解消できる!

勤勉な日本人は言葉では言い表せない不安感を感じている人がとても多く、全体の7割以上が不安感を感じているという調査もあります。 特に20代30代の女性では8割以上が不安感を感じていると言われています。

こんな経験したことはありませんか?

□毎日、心配や緊張や不安を感じて悩んでいる
□恥ずかしさに強い不安や恐怖を感じる
□人前に出たり、人と話をしたり、人と食事をしたりすると不安や緊張になる
□不安や恐怖を感じる場所を避けようとしてしまう
□不安な気持ちが強くなり、仕事や学校生活や家庭生活が思うように過ごせない

このように、不安感と言っても日常生活の様々な場面で悩むことが多くあります。 また、不安から自律神経バランスの乱れ肩凝り動悸多汗不眠症めまい疲れ息切れ頭痛などの様々な症状に繋がります。今回のコラムでは、不安感に対する正しい知識とカイロプラクティックとの関係性をお伝えします。

一般的な不安感に対しての治療法

一般的に不安感は、ストレス、生活習慣の乱れ、環境の変化などといった外的要因が考えられます。 それらの外的要因を見直し、改善することが不安感の対策法とされています。

しかし考えてみてください。 もし外的要因だけが不安感の根本原因だとしたら、なぜ不安を感じる人と感じない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは不安感の対策として外的要因に意識を向けるのではなく、体の内に意識を向けることです。 日常生活では様々なストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや環境の変化もあります。

その度にそれらの変化に対応し続けるのは大変な作業になります。 だからこそ不安感の対策として体の内に意識を向けることが重要なのです。

脳と体を繋ぐ神経機能が正常であれば、ストレスや不安を受けても体は交感神経のスイッチを入れることで対応し、生活習慣や環境が変化しても瞬時に把握し対応します。

脳と体を繋ぐ神経のサイクルに異常があると、どれだけ生活習慣を見直しストレスを無くしても不安感の改善とはなりません。

そもそも不安感は、体のバランスが乱れていることを教えてくれる大切な身体のシグナルになります。 カイロプラクティックでは体の内に根本原因が存在していると考え、不安感に対してアプローチしています。

カイロプラクティックでのアプローチ

不安感で特に注目したいのが「ホルモンバランス」となります。 ホルモンバランスは、体温リズムだけでなく、睡眠や目覚めなど、さまざまな生体リズムを作り出します。 私たちの体は常に環境の変化に対し、効率よく適応できるように体の状態を調節しています。

その中でも不安感で特に注目したいホルモンが「セロトニン」というホルモンとなります。 セロトニンは別名『幸せホルモン』と呼ばれていて、多幸感を感じる為に必要なホルモンとなります。

セロトニンはその分泌の90%以上が腸から分泌されています。 体の司令塔である脳からは全体の2%ほどしか分泌していないとされていますが、このたった2%が人間の精神に大きく影響すると言われています。

セロトニンを分泌するために、有効な手段の一つが日光浴となります。 太陽の光を浴びると交感神経系が働き、セロトニンの分泌が促進されます。

日が沈むと体が休息するように副交感神経系が働き、セロトニンの分泌が減少します。 すると睡眠ホルモンのメラトニンが分泌され、深い眠りを得られます。

またメラトニンの分泌は通常、朝起きて日光を浴びると分泌が止まり、その約14~16時間後に分泌がスタートするように体内時計によってセットされています。

このように、ホルモンバランスは外部からの刺激(太陽光、温度変化、湿度などの環境変化)によって調節されますが、そのためには外部からの刺激を脳へ届けるための「神経機能の働き」が必要不可欠となります。

外の環境の変化を神経によって瞬時に把握し、脳が対処してくれるからこそホルモンバランスが正常に働くことが可能になります。 不安感の原因は、体の司令塔である脳への情報(環境の変化)がうまく伝わらない状態であります。

カイロプラクティック・ケアによって脳と体の神経のサイクルが正常であれば、外的要因であるストレスや不安を受けても体は交感神経のスイッチを入れることで対応します。

生活習慣や環境が変化しても、その環境を脳は瞬時に把握し適切にホルモン分泌の指示を出し対応してくれます。だからこそ神経の流れを整える事が体の健康を維持するためには重要になります。

カイロプラクティック・ケアによって不安感の根本原因を取り除き、快適な日常生活を手に入れましょう。

関連リンク

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始