青い背景に月経日をチェック、青いドレスを持つカレンダーをつけた生理痛の女性、婦人科のコンセプト

なんと8割の女性が生理痛を感じている!

毎月子宮の内部には「子宮内膜」という赤ちゃんを育てる場所が作られます。 妊娠しなかった場合には、はがされて血液と一緒に体の外に出されます。 すなわち月に1回の“体のお掃除”の時が生理となります。 その際に感じる様々な痛みを「生理痛」と呼んでいます。

こんなお悩みはありませんか?

□ついついイライラして、感情的になってしまう
□お腹が痛いし、憂鬱で外出したくない
□下腹部や腰に痛みが生じて、じっとしてられない
□薬がないと乗り切れない
□1日中眠気があって何もできない

このようにひと言で生理痛といっても、痛みの程度、症状、痛む場所など、同じ女性であっても千差万別になります。 生理の2週間前~生理開始に症状が悪化する人や、整理開始~数日に症状が悪化する人と様々なタイミングで起こりえます。

本当に人に生理痛の辛さを理解してもらうことが難しく悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

ほとんどの女性が「生理痛はあって当たり前」、「毎月のことだから」と決めつけてはいませんか? 今回のコラムでは、生理痛に対する正しい知識とカイロプラクティックでの対策法をお伝えしていきます。

一般的な生理痛の治療法

一般的に生理痛は、様々なストレスからの精神的な不安、生活習慣の乱れによる冷え、ホルモンバランスの乱れ、急な環境の変化などといった体の外における外的要因が考えられます。

それらの外的要因を見直し、改善することが生理痛の対策法とされています。 しかし考えてみてみてくだい。 もし外的要因が生理痛の原因だとしたらなぜ生理痛の症状がひどくなる人と軽い人がいるでしょうか?

一般的な治療法として、様々な種類の鎮痛剤が使用されています。 しかし鎮痛剤だけの治療は、ただ脳が痛みに対して鈍感になっているだけなので根本的な治療にはなりません。

ここで重要なことは、生理痛の対策として外的要因だけに注目するのではなく、体の内に意識を向ける事になります。 なぜなら私たちの体は常に変化しているからになります。

毎回その変化に対応し続けるのは大変な作業になります。 だからこそ生理痛の対策として体の内に意識を向けることが大切なのです。 カイロプラクティックでは体の内に問題の根本原因が存在していると考え生理痛に対してアプローチしています。

カイロプラクティックでのアプローチ

月経は、女性ホルモンである『エストロゲン』と『プロゲステロン』の働きが大きく関係しています

まず、エストロゲンの働きによって排卵の準備を整えます。その後、卵巣から卵子が排卵されると、次にプロゲステロンが分泌され子宮内膜全体を厚くして妊娠の準備を整えます。

この厚くなった子宮内膜へ受精卵が着床するとそのまま妊娠しますが、着床しなかった場合には子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに体外に排出されます。

このように、生理とは不要になった子宮内膜のお掃除のために排出作業と言えます。

ここで注目したいのが『プロスタグランジン』というホルモンになります。

このホルモン分泌の量に応じて子宮の収縮が強まります。 また、プロスタグランジンの分泌が増えすぎると収縮が強くなり、痛みを誘発させます。

鎮痛剤には、痛みの原因となるこのプロスタグランジンの生成を抑え痛みを和らげる効果があります。

そもそも、プロスタグランジンの役割は、子宮内膜のお掃除が目的であります。 体にとって大切なホルモンの1つになります。
そのホルモンを抑えるだけでは、根本的な改善策には至りません。

ここで重要なことは、脳が神経を通して体の状態をしっかり把握することになります。 脳が体の状態を把握することは、適切なホルモンが適切な量だけ適切なタイミングで分泌することが可能になります。

カイロプラクティック・ケアでは、脳がしっかりと体の状態を把握する為に神経機能の妨げる要因となるサブラクセーションを見つけ取り除くことを目的としています。

そもそも生理痛は病気ではありません。 生理痛は、体のホルモンバランスが乱れていることを教えてくれる大切な身体のシグナルになります。 その大切なシグナルをただ消すのではなく、しっかりと体の内から見つめ直していきましょう。

カイロプラクティック・ケアによって生理痛の根本原因を取り除き、快適な毎日を手に入れましょう。

関連リンク

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始