白いニットのセーター、スカーフ、帽子、暖かい冬の冷たいファッションアクセサリーのトレンド、黄色いスタジオ背景にポーズを取る若い笑顔の幸せな金髪の女性

成人女性の8割以上が冷え性に悩んでいる!

冷え性で悩んでいる人は年々増えていて、成人女性の8割以上が冷え性で悩んでいるといわれています。 また冷え性は女性特有のものと思われがちですが、近年では男性でも冷えを訴える人が全体の4割ほどと少なくありません。

こんなお悩みはありませんか?

□夜、脚が冷たくて眠ることができない
□運動しても手足が冷えている
□サウナやお風呂に入ってもすぐに冷えてしまう
□真夏でも冷房がつらい
□末端だけではなく体幹も冷えてしまう

このようにひと言で冷え性といっても、冷える程度、時間帯、冷える場所など千差万別です。 冷え性になると睡眠の質が落ちたり、免疫力が低下したり、痩せにくくなったりと様々な弊害で生まれてきます。

冷えを感じる頻度や程度、部位が違うことで周りの人に理解してもらうことが難しく悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

冷え性は慢性的に悩んでいる方がとても多くみられますが、「冷え性はあって当たり前」、「子供の頃からだから」と決めつけてはいませんか? 今回のコラムでは、冷え性に対する正しい知識とカイロプラクティックでの対策法をお伝えしていきます。

一般的な冷え性の治療法

一般的に冷え性は、運動不足、様々なストレスからの精神的な不安、食生活などの生活習慣の乱れ、急な環境の変化などといった体の外における外的要因が考えられます。

それらの外的要因を見直し、改善することが冷え性の対策法とされています。 しかし考えてみてくだい。 もし外的要因が冷え性の原因だとしたら、なぜ冷え性になる人とならない人がいるのでしょうか?

一般的な治療法として、筋肉量を増やすための運動をしたり、食生活を見直したり、冷たい飲み物は控えたり、入浴で体を温めたりといったことが基本となります。

しかし冷え性の対策は継続することが必要とされており、忙しい日本人はその継続するための時間の確保が難しくなります。 そうなると血流を良くするために薬、サプリ、漢方に頼るしかなくなりますが、それらは根本的な治療にはなりません。

ここで重要なことは、冷え性の対策として外的要因だけに注目するのではなく、体の内に意識を向ける事になります。 なぜなら私たちの体は常に変化しています。

毎回その変化に対応し続けるのは大変な作業になりますし、冷え性はただ温めればいいというものでもありません。

だからこそ冷え性の対策として体の内に意識を向けることが大切になります。 カイロプラクティックでは体の内に問題の根本原因が存在していると考え、冷え性に対してアプローチしています。

カイロプラクティックでのアプローチ

冷え性とは、冷える程度、時間帯、部位などさまざまな冷えを指しますが、総じていえるのが血流異常となります。 ではなぜ血流異常が起きるのでしょうか?

一つは交感神経が過剰に働いているケースとなります。 血流をコントロールしているのは血管の拡張・収縮となりますが、それをコントロールしているのが自律神経となります。

自律神経には、交感神経と副交感神経が存在し、この2つの神経のバランスが乱れることを自律神経の乱れと言います。 副交感神経系に異常が生じると、交感神経が優位になります。 すると血管が収縮し血流異常に繋がります。

もう一つはホルモンバランスが乱れている可能性もあります。 特に女性の場合は女性ホルモンの乱れから起きているケースも少なくなく、その場合は生理痛や月経不順などの症状が併発している人も多くみられます。

その場合は、どのホルモン分泌器官に異常があるのかを考えてアプローチをする必要があります。 人間の体内にはホルモンや神経伝達物質を筆頭に、様々な生理活動に作用をもたらし、健康な体のバランスを調節する機能というものが存在します。

冷え性とは自律神経やホルモンバランスが乱れることで、季節の変化、室内の温度変化、身体に掛かるさまざまなストレスなど、環境の変化に適応する力が低下している状態といえます。

環境の変化に適応するためには『神経の働き』というものが欠かせません。

これまでは女性特有のものと思われていた冷え性が、近年男性にも増えてきているということは、外部の環境の変化を脳へ伝える神経に目を向けることが重要となります。

確かに運動をして代謝を高めたり、食生活を見直したり、入浴方法を変えたり、冷たいものは避けたりといったことは大切かもしれません。

ですが、それらを実践する前に神経の流れを整えて、自律神経やホルモンバランスを整えることの方が何よりも重要となります。

カイロプラクティック・ケアでは神経機能の妨げである「サブラクセーション」を見つけ取り除くことを目的としています。

神経の情報を元に脳が必要な時に交感神経と副交感神経のスイッチを上手く使いわけができる状態にすることができれば、冷え性の悩みも自身の体に存在する「環境適応能力」が発揮され、快適な生活とさらに体のパフォーマンス向上に繋がります。

そもそも冷え性は病気ではありません。 冷え性は、体のバランスが乱れていることを教えてくれる身体からの大切なシグナルになります。 その大切なシグナルをただごまかすのではなく、しっかりと体の内から見つめ直していきましょう。

カイロプラクティック・ケアによって冷え性の根本原因を取り除き、快適な毎日を手に入れましょう。

関連リンク

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始