白い背景にショックを受けた小さな男の子のポートレート

精神的な問題が原因ではない!

子供における、チック症は、不随的な運動による体の動きや発声が繰り返し起きる疾患になります。一般的に4~11歳に発症し男子に多く確認されます。まばたき、顔をしかめる、口をゆがめる、鼻をピクピクさせる、首を左右に振るといった運動チック症と、咳払い、舌を鳴らす、叫びや単語を連発するなどの音声チック症の2つに分類されます。

時に、強迫性障害、注意欠陥/多動性障害(ADHD)、学習障害、自傷や他害行為などを併発することがあります。また、運動性チックおよび音声チックの両方が頻回に起こり、1年以上持続するものをトゥレット症候群と呼んでいます。

今回のコラムでは、カイロプラクティックとチック症の関係性とチック症に対しての正しい知識をお伝えしていきます。

一般的なチック症に対しての治療法

チック症の原因は、ストレス、精神的な不安、生活習慣の乱れなどといった環境の変化などといった外的要因も考えられます。一般的にそれらの外的要因を見直し、改善することがチック症の対策法とされています。また、精神療法や行動療法などを行う場合もあります。

しかし、考えてみてください。もし外的要因がチック症の原因だとしたら、なぜチック症になる人とならない人がいるのでしょうか?ここで重要なことは、チック症の予防策として外的要因に意識を向けるのではなく、身体の内に意識を向けることになります。

日常生活において様々なストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや、環境が変化することもあります。毎回毎回それらの変化に対応し続けるのは大変な作業になります。だからこそチック症の対策として身体の内に意識を向けることが大切になります。そもそもチック症は、身体の内からのシグナルなのになります。

身体のバランスが乱れていることを教えてくれる大切なシグナルになります。カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考え、チック症に対してアプローチしています。

カイロプラクティックでのアプローチ

体の健康を維持するための重要な情報は、神経によって脳に伝えられます。その情報をもとに脳は、対処を行い体のバランスを整えています。仮に、神経の流れが阻害された場合、適切な情報が脳に伝わらない状態になります。いわば、ラジオのチューニングが合っていない状態で音楽を聴いている状態となっています。この状態が続くことで、脳は過剰な刺激を受け続けることになります。この過剰な脳の刺激がチック症の原因と関係しています。

近年の研究では、チック症の原因として、脳の中にある神経伝達物質が関係していると言われています。神経伝達物質は、生きていくために必要な情報を伝達するものになります。神経にはたくさんのシナプスがあり、情報交換のネットワークが存在しています。

このシナプスの部分で、情報をやり取りする役目をしているのが、アセチルコリンやノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンといった神経伝達物質になります。これらの神経伝達物質は、自律神経と密接な関係があります。

特にドーパミンは、「快感ホルモン」と言われ、子供の頃はドーパミンの分泌が盛んなので、よく笑い楽しさを大人以上に感じています。また、ドーパミンにはもうひとつ、体の動きをコントロールする重要な役割もあります。中高年になると、体をスムーズに動かすことができなくなるのは、ドーパミンの減少が1つの原因と言われています。

このように、子供におけるチック症の問題は、ドーパミンの分泌が過剰になり感情のバランスが取れなくなり、体の動きを制御できない状態にあることが原因になります。

関連リンク

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始