手の解剖学、リュウマチによる変性変形性関節症の変形を示す、関節痛みのある領域の赤いハイライト

免疫は脳と神経がコントロールしている!

関節リウマチの現状

関節リウマチは、体内の免疫が自身の体を破壊してしまう病気で自己免疫性疾患とも呼ばれています。 日本における関節リウマチの患者数は約60~70万人と推定され、その約8割が女性に多く確認されます。

一般的な関節リウマチの治療法

主に関節リウマチの治療に用いられる薬には、鎮痛薬、抗リウマチ薬、ステロイドによる免疫反応を抑え、炎症を引き起こす物質の異常産生などを抑える薬が使用されています。

しかし、それらの薬は病気の進行を抑える働きがあるものの、根本的な改善には至りません。 また一度使用し始めるとなかなか中止できないことがあるため、多くの方が副作用に悩まれているのも現状です。

関節リュウマチは、細菌やウイルスの感染、過労やストレス、喫煙、出産、外傷などの外的要因をきっかけに発症すると考えられています。 しかし、なぜ関節リウマチを発症する人としない人がいるのでしょうか?

ここで重要な事は外的要因に意識を向けるのではなく、身体の内側に意識を向けることです。 そもそも自己免疫疾患は身体の異常を教えてくれる大事なサインです。カイロプラクティックでは身体の内側に根本原因が存在すると考え関節リウマチにアプローチしています。

カイロプラクティックでのアプローチ

自己免疫とは、外部から体内に侵入してきた細菌やウイルスなどを攻撃して破壊し、排除する働きを担っています。 しかし免疫に異常が生じると、誤って自分自身の細胞や組織を攻撃してしまいます。

それにより炎症が起こり、関節の腫れや痛みとなって現れてきます。 その炎症が続くと関節の周囲を取り囲んでいる滑膜が腫れ上がり、さらに炎症が悪化して骨や軟骨を破壊していきます。

そもそも私たちの細胞や免疫は自分の身体を守る為に存在します。 その司令を出しているのが脳です。 そして脳と体が神経によってコミュニケーションしているから生命維持することが可能になります。

もしそのコミュニケーションに異常(サブラクセーション)が生じれば、脳が身体の状態を把握することができなくなります。 脳が過剰に反応すれば、免疫も過剰に反応します。 それが自己免疫疾患の根本的な原因なのです。

だからこそ免疫が正しく機能するためには脳からの神経伝達を100%にする必要があります。 どれだけ外的要因となるストレスを無くしても、または生活習慣を見直したところで関節リウマチの根本改善には至りません。

免疫が過剰になるのは、体のバランスが乱れていることを教えてくれる大切な体のサインです。 その大切なサインをただ薬で隠すのではなく、しっかりと体の内側と向き合いましょう。

カイロプラクティック・ケアによってサブラクセーションが取り除かれ、脳がしっかりと体の状態を把握することで、自身の免疫が適切に機能することができるのです。

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始