先日、全国の治療家の先生方にお集まりいただき
パルペーション教室(検査)とガンステッド初級コースを開催いたしました。

動画では

・パルペーション向上に必要な、
身体を評価する時の【考え方】
・触診時に伸展しすぎる頸椎への対応方法
・サービカルチェアで間違いがちな基本動作

を公開しております。

塩川カイロプラクティックで患者様を
診させて頂くまで様々な試行錯誤がありました。

【アジャストが上手い】では、塩川満章先生、
雅士先生にはまだまだ及べませんでした。

「まず何を優先して、向上を目指したか」

【触診力】と【対話、距離感を通しての患者さんのリラックス】です。

ドクターや雅士先生から多くを
盗めるジャンルではありますが、

私が臨床で一番大事にしていることは、
【患者さんのリラックスに繋がる為】です。

施術をする場所を少しでも間違えることは
この職業、決して許されません。

間違った部位をアジャストすると
身体はどんな反応をするか。
正しい場所をアジャストするとどうなるか。

ほんの少し触る際にどれだけ丁寧に触診するか。

慣れてくる頃には、多くが雑になります。
そして、雑になると成長は止まります。

丁寧に、丁寧に、
身体に対するリスペクトを忘れずに
これからも受講生と、
そして患者様を診させていただきながら、
成長していきたく思います。