先日、患者様からこんなご質問を頂いたので、インスタグラムに投稿しました!

「生理中にアジャストメントは受けても大丈夫ですか?」という質問です。
確かにアジャストメントを受ける際はガウンに着替えたり、ベッドを汚しちゃうんじゃないかとか、不安に思われるかもしれませんが、
そんな生理時の時にホルモンバランスの、変動が激しい際ほど受けておいた方がいい点を記載しておきました。

時々、ご予約をいただいてた患者様から「風邪ひいたんでキャンセルでお願いします」と、わざわざお電話をいただくことがあります。

でも、そんな時ほどアジャストメントは受けておいたほうがいいです。
アジャストメントを受けて神経機能をしっかりと働かせることで、血流も良くなり身体中の細胞達が体内の菌やウイルスをやっつけようとしてくれます。

もう少し詳しくお伝えしたいので次回は、熱が出た時や風邪を引いた際の話を投稿します。

塩川カイロプラクティック 馬場

View this post on Instagram

【生理中でも大丈夫ですか?】 . 先日、ある患者さんからの質問で、 「生理中にアジャストメントを受けても 大丈夫ですか?」と質問されました。 . 答えとしては、問題はありません🙆‍♂️🙆‍♂️ . 生理中でもアジャストメントは可能です🦴 . 背骨の中を流れる神経のバランス、 自律神経などのバランスが崩れている場合、 ホルモンバランスが乱れ生理痛や生理不順などが 毎月の生理時に起こりやすくなります。 生理不順に対してどうやってアプローチするの? と良く聞かれます。🤔🤔 . 特に生理不順用のアジャストメントが あるわけではないのですが、生理や周期の状態を しっかりと把握し、それらを元に患者さんの ホルモンバランスがどのような状態にあるのかを 把握する必要性はあります。 生理は一般的に25日から35日と言われていますが、 それ以上の間隔が空くと稀発月経。 生理の周期が24日以下という短いサイクルになることを 頻発月経と言います。 そしてもう一つ注目したいのが、生理自体の期間が ダラダラと8日以上続く状態を過長月経といい、 出血量が増える、経血にレバー状のかたまりが混じる、生理痛がひどいなどの症状がみられる過多月経と言います。 経血量が極端に少なく、ナプキンの表面に経血が わずかにつく程度で終わる様な状態を過少月経、 月経が2日以内で終わる場合を過短月経といいます。 この様な、生理周期等の間隔や経血の量を把握すると 患者さんのホルモンバランスの状態を把握でき 卵巣の働きが不十分なのか、子宮の問題なのかを 理解でき、ホルモンが順調に分泌されていない 状態であるかを知ることができて その方の今後の生理やホルモンバランスの乱れの変化の展望やプランを見込めます🍃🍃 . そもそも、「生理不順」とゆう言葉は 一般的な生理とのアベレージから作られた言葉で その方の生活リズムや環境に合わせて変化します。 . よって生理不順が必ずしも悪いもの。ではありません。 , カイロプラクティックでは、神経機能を安定させることで上記の様な症状に悩む患者さんとともに向き合い 改善を目指すことが可能です!! . #カイロプラクティック#塩川カイロプラクティック #治療院#整体#マッサージ#ではなく#神経機能 #東京#銀座#tokyo#ginza#chiropractic

A post shared by 馬場 圭之介 (@bbkk_chiropractic) on