染色体とはDNAを保管している大切な器官になります。
DNAはデオキシリボ核酸(DeoxyriboNucleic Acid)の略で、命の設計図と言われる遺伝子情報がつまっており細胞を作る上で欠かせないものです。

今回のコラムでは染色体についてお伝えしていきます。

人間は46個の染色体を持つ

生物は、精子と卵子が接合した受精卵から始まります。 生命誕生を司る精子と卵子は生殖細胞と呼ばれ、他の細胞(体細胞)とは区別されます。 なぜ区別されるのかというと、両者には決定的な違いがあるからです。

人間の体細胞は例外なく、その核に23対の染色体を持っています。 合計すると46個の染色体があります。 ところが精子や卵子の生殖細胞には半分の23個の染色体しかありません。

なぜなら、精子と卵子がそれぞれ46個の染色体を持っていると、受精した際、通常の人間の倍である92個の染色体を持つことになり、人間ではなくなってしまうからです。 そうならないために、両者は染色体を半減させる減数分裂を行っています。
 

染色体の数は生物によって違う

その高い知能から高等生物といわれる人間ですが、人間と他の動物たちは、染色体の数でどう違うのでしょうか。

例えば、人間に近いといわれるチンパンジーやゴリラなどの類人猿の染色体は48個あります。 牛は60個、ウマは64個、猫は38個、動物ではないサツマイモで90個あります。 つまり、染色体の数と知能にはまったくといっていいほど関係はなさそうですね。
 
人間の46個の染色体のうち2個は性染色体と呼ばれ、X染色体が2個であれば女性、X染色体とY染色体が1個ずつであれば男性となります。 実は、男性に必要なY染色体が近年減少しているという研究結果があります。

オーストラリア国立大学のジェニファー・グレイヴス教授によると、なんとY染色体の中にある遺伝子が減りつつあり、500万年以内に消滅してしまう可能性があるというのです。 3億年前、Y染色体の遺伝子数は1400個でしたが、現在では45個にまで減っているといいます。

Y染色体が減るとどうなる

通常、遺伝子は対をなしているため、たとえ遺伝子情報が欠損してもどちらかで補えるのですが、Y染色体は対ではないので劣化コピーを繰り返すしかないのです。 今後、対応策も見つからず、もしも男性が消滅すれば、人類は存亡の危機に陥るかもしれないのです。

染色体にはテロメアという末端粒子があります。染色体の損傷を防ぎ安定性を保持する働きがあり、体内の酵素による染色体への分解や異常な融合などを止め、正常な細胞分裂を促すとされています。

今のところ原因は不明ですが、環境問題や現代社会のストレスなどがテロメアを短くしてしまう要素ではないかと有力視されています。外部からのストレスなどにより短くなってしまうと遺伝子情報が失われてしまう可能性もあります。

カイロプラクティックでのアプローチ

イライラやストレスを感じるのは自律神経の乱れからくるホルモンバランスの乱れが原因になります。

注目したいホルモンがセロトニンというホルモンになり、90%以上が腸から分泌されています。脳からの分泌は全体の2%と言われていますが、この脳からの分泌も人間の精神に大きく関係しているということがわかっています。主に、不安を感じたり、やる気が出なくなってしまうなど身体や精神状態に影響を与えています。

カイロプラクティック・ケアにより脳と身体の神経サイクルが正常であれば、外的要因であるストレスや不安などを受けても自律神経のスイッチを入れることで適応することができます。生活習慣や環境の変化があったとしても、身体は外部からのストレスに適応するだけのホルモン分泌を促していくことができます。

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始