動物の身体は、細胞が集まりカタチ作られて細胞組織になり、さらに多くの組織が組み合わさり臓器を構成していきます。大きさや機能は様々ですが、一つ一つは非常に小さく最も大きな細胞と言われている受精卵でさえ、肉眼で見ることはできません。

今回のコラムでは、身体を1から作っている細胞についてお伝えしていきます。

体を構成する細胞の数

すべての生き物は、細胞から構成されており、生命の最小単位となります。 その大きさと形状は様々で、60兆個の細胞が存在している人間から1つの細胞から構成されているアメーバやゾウリムシも存在します。
 
仮に、一つの体に60兆個の細胞があるとします。 その体の細胞を顕微鏡で一つ一つ数えていき、1秒間に3つ数えるペースでいけたとしましょう。
計算上は、およそ63万年以上もかかってしまいます。 1秒間に3つというのも現実的ではないので、1秒間に1つしか数えられなければ、190万年かかります。
 
ちなみに、この計算は190万年間1秒も休憩しないで数えたらの例えになります。 人類が誕生して約200万年ですから、人類誕生から数え続けてようやく一つの体の細胞が数え終わるというとてつもない数字ですので、1つの体にはそれだけとてつもない数の細胞があると想像できると思います。
 
人体の細胞のサイズは約10~30㎛(マイクロメートル)で、平均すると17㎛となります。 マイクロメートルとはミリの1000分の1になります。
 
私たちの日常生活にある物で大きさを比較すると17㎛というのは、お米1粒の10000万分の1くらいの大きさになります。
 
細胞は、その種類によっても異なりますが、約65%が水分、約15%がタンパク質、約12%が脂質などで構成されています。 このように約65%が水分となります。
 
水分といっても、私たちが普段口にする水分とは形態が違います。 どろどろとしたゼリー状のもので細胞一つ一つは、ゼリー状の液体でくっつけて、その周りを脂質で囲んでいるという構成をしています。
 
このような細胞が集まって組織となり、各種組織がまとまることで臓器であったり、目や耳といった器官が形成され、器官が集まることで人体となります。

この器官と呼ばれるものは独自の形と機能を持っています。
心臓は血液を送り出す筋肉組織、血液の逆流を防ぐ弁は繊維組織などが組み合わさり協力し合います。

臓器同士でも食物の消化・吸収・排出などを各器官で区別し役割をこなしています。

最も早い寿命の細胞は24時間

細胞とは生命の最小単位なので、各細胞それぞれに寿命がありますが、ほとんどは細胞分裂で再生されます。 当然、人体を構成する細胞も生命体なので、寿命が来たら死を迎えます。 ただし、その長さは細胞によって異なります。
 
例えば、骨組織を作る骨細胞は25年~30年、肝臓を形成する肝細胞は約5か月、赤血球は約4か月、神経細胞は4~6週間で細胞としての一生を終えます。 また、胃の粘膜細胞は2~3日と、こちらはかなりの短命です。

細胞の中でもっとも寿命が短いのは、小腸の内側にある絨毛(じゅうもう)です。 絨毛を形成する細胞は、エスカレーター式に順々に突起の頂上まで押し上げられ、頂上に達すると剥がれ落ちて死滅します。 この細胞の誕生から剥落(はくらく)するまでの時間は24時間、たった1日の命となります。 ほとんどの細胞は、死滅したとしても、細胞分裂によってその死滅した分を補います。

しかし、脳細胞だけはそうした新陳代謝が行われません。 ただ、脳細胞が減っても頭が悪くなるわけではありません。 頭の良さは脳細胞同士のつながりがしっかりしているかどうかなので、年をとっても頭を使うトレーニングなどで鍛えることが重要となります。

カイロプラクティックと細胞の関係

脳は神経を通して身体の隅々の細胞と情報のやりとりをしています。もし神経の流れに異常が起きてしまえば、脳は様々な内臓・器官を作る細胞の情報を把握することができなくなります。長い時間放置されてしまうと、身体のコントロールがうまくできず、症状として身体に現れてきます。

カイロプラクティック・ケアを受けて神経の流れを正すことで、脳からの情報を100%得ることが出来れば、細胞は正常に機能します。脳が身体の状態を把握することで、生命を維持するためにエネルギーを作ったり、代謝や排出など、器官が身体の調整を行えるようになります。

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始