青の背景に健康腸のコンセプトを持つ人
私たちの体は、食べ物から栄養素を体に取り込む事で、体をつくる材料となる物質や生きるためのエネルギーを得ています。 

しかし、食べ物に含まれる栄養素、炭水化物やタンパク質、脂質などの栄養素はそのままでは体に吸収することができません。

そのため、食べ物を細かくしたり、化学反応による分解から栄養素を吸収(消化)できる形にするのが、胃や腸などといった様々な消化器になります。

今回のコラムでは、小腸の役割と解説していきます。

小腸は栄養素の分解と吸収を行う重要な消化器

小腸は胃と大腸の間にあり、十二指腸、空腸、回腸をまとめて小腸といいます。胃でドロドロのおかゆ状に溶かされた食物の消化や吸収を行う最初の器官になります。 

人間は消化や吸収の過程において消化管という臓器を使っています。

消化管、は口から始まり、食道、胃、小腸、大腸を経て肛門に至るまでの消化~吸収~排泄機能をつかさどる臓器となり、消化管の約80%を占めています。

小腸の消化管は直径約4㎝で、中には輪状ヒダという輪のようなヒダがたくさんあります。 輪状ヒダの表面には、じゅうたんの毛のような絨毛(じゅうもう)という出っ張りがびっしり生えています。

この絨毛の表面からは消化酵素が出ていて、これによって食物を本格的に分解しています。 分解された栄養素は絨毛の中を通る血管やリンパ管から体に取り込まれます。

小腸の長さは、体内では筋肉の収縮により3m前後ですが、伸ばすと最大で6~7mの長さになります。 ここを食べたものと消化液が収縮と弛緩を繰り返して、4時間~15時間かけて、たくさんの栄養素を取り込みます。

動物によって異なる小腸の長さ

この小腸の長さは動物によってさまざまです。 肉食動物の腸は、植物を食べる草食動物の腸とくらべると短くなっています。

トラは体長の約5倍になります。肉は植物と比べると消化しやすいので短くてもしっかりと栄養を吸収することができます。

肉も植物も食べる雑食動物の腸は、肉を主食とするか、植物を主食とするかによって長さが違います。ブタは主に野菜や果物を食べるので雑食動物の中でも腸は長くなっています。

ブタの腸は15倍で、ペットフードや肉などを多く食べるイヌの腸は短くなって体調の約6倍となります。

草食動物の腸は肉食動物より長くなっています。植物はせんいが多いので、肉と比べると消化しにくいものです。

しっかり消化して栄養を吸収するために、ウマは体長の12倍、ヒツジやウシなどはなんと体長の27~29倍の長さをもっています。このように比べてみると小腸の長さには、理由あることが言えますね。

腸にある免疫力と神経の活動

腸には腸内細菌も存在しています。数が多く重さに換算すると、なんと1−2キロもあります。小腸のパイエル板という免疫器官では体調管理に欠かせない存在があります。

免疫細胞・腸内細菌が、病原菌や異物と戦い免疫機能が鍛えられ撃退してくれます。 免疫力が強くなることでアレルギーなども発症を食い止めることができることもあります。

他にも腸は、脳とも迷走神経でつながっています。腸内が安定することで精神的にも安定させる要因にもなっています。

小腸や大腸の活動は自律神経によって、意識することなく脳がコントロールしてくれています。

自律神経には「副交感神経」と「交感神経」があり、副交感神経がはたらくと消化液の分泌が促進され、小腸は活発化します。そして、交感神経はその逆の働きをします。

この2つのバランスで小腸の活動は適切に調整されています。

しかし、神経の流れが乱れ(サブラクセーション)が生じると、脳が身体の状態を把握することができず、自律神経のバランスが乱れる原因となります。

その結果、昼夜が逆転、便秘や下痢・お腹の張りガスが溜まる、肌荒れなど症状が身体のシグナルとして発せられます。

定期的なカイロプラクティック・ケアを受けることにより神経の流れを正常にし、自律神経のバランスを整え免疫機能の向上を目指しましょう。

【健康コラム】カイロプラクティックで腸内環境も整えて免疫力アップ!

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始