今回のお題は、発汗異常、多汗症についてです。
カイロプラクティックと発汗や多汗症になんの関係が?と疑問に思われるのが一般ですが、カイロプラクティックケアでは神経機能と脳に着目することで発汗や多汗とみき会うことが可能です。 暑いわけでもなく、運動をしたわけでもないのに多量の汗をかいてしまう。多汗症と言っても、わきの下、手のひら、足の裏、顔の周りなど、発症する場所は、人それぞれです。手のひらの多汗症1つでも、握手の場面や人に触れる機会が多い時に相手に不快を与えないか心配になってしまうなど、仕事でノートや資料が汗で濡れてしまうなど、様々な場面で悩んでいる人は多いのではありませんか。たかが汗と言っても本人にとっては非常に辛いことです。きちんとした多汗症に対する正しい知識と対策法を身につけて、不安なく快適な毎日を過ごしましょう!

一般的な多汗症の治療法

治療法として、交感神経の刺激によって放出される「アセチルコリン」という神経伝達物質の放出を妨げる薬によって汗の量を減らす方法があります。 しかし、薬によって強制的に脳を錯覚させ、一時的に症状を止めているだけなので根本的な治療にはなりません。 一般的に多汗症は、様々なストレスからの精神的な不安、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、急な環境の変化などといった体の外における外的要因が考えられると言われています。 そして、それらの外的要因を見直し、改善することが多汗症の対策法とされています。 しかし、考えてみてください。もし外的要因だけが多汗症の根本原因だとしたら、なぜ汗を大量にかく人とかかない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、多汗症の対策として外的要因だけに注目するのではなく、体の内に意識を向ける事です。 なぜなら私たちの体は常に変化しているからです。 毎回その変化に対応し続けるのは大変な作業になります。 だからこそ多汗症の対策として体の内に意識を向けることが大切なのです。 カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考え、多汗症に対してアプローチしています。

カイロプラクティックでのアプローチ

人間は、約35~37℃の体温を維持しています。体温を一定に保っているのは、体の活動が安定するためです。 そのために、常に体温を一定に保つ必要があります。気温が低くなり体温が下がってくると、体に蓄えられたエネルギーを使って体温を上げる方向にシフトします。 その反対に気温が高くなると、どんどん上昇する体温を下げるいるのが汗なのです。 その体温調節を担っているのが、体の司令塔とも言える脳になります。 脳が外の温度や体内の温度上昇の情報をキャッチして、汗腺に「汗を出して!」という命令を出します。 脳が神経系を通して体に指令を出すため、自分の意志で汗をコントロールすることはできません。

では、なぜ体温上昇してないのに汗がでるのでしょうか?

それは、脳と神経と体のサイクルに問題があるからです。 重要なのは自律神経系です。 自律神経とは外部の環境に応じて交感神経と副交感神経を互いに上手く使いわけながら調整しています。 脳と神経と体のサイクルが正常であれば交感神経と副交感神経のバランスがとれ必要な汗の量の分泌と抑制を行うことができるのです。 生活習慣や環境が変化しても、その環境を脳は瞬時に把握し適切に汗の量をコントロールし、体温調整をしてくれます。 しかし、脳と体のサイクルの妨げとなるサブラクセーションによって問題があると、脳が外の環境や体の状態を把握することができません。 その結果、多汗という症状が現れてくるのです。 脳がしっかり外の環境や体の状態を把握することができれば、必ず私たちの体は必要な汗の量を分泌し、汗のコントロールをすることができるのです。 重要なことは、まず体の内に意識を向け、神経の流れに着目する必要があるのです。

カイロプラクティック・ケアでは脳と神経と体のサイクルが正常にすることが可能で、体の外的要因であるストレスや不安を受けても体は交感神経のスイッチを入れることで対応しています。 生活習慣や環境が変化しても、その環境を脳は瞬時に把握し適切なストレスホルモンを分泌し、その環境に対応してくれます。 サブラクセーションによって脳と体のサイクルに問題があると、どれだけストレスを無くしても、または生活習慣を見直したところで、多汗症の根本改善には至りません。 そもそも多汗症は、体のバランスが乱れていることを教えてくれる大切な体のサインです。 その大切なサインをただ薬で隠すのではなく、しっかりと自分の内側と向き合いましょう。

【体のシグナル】多汗症のブログ記事はこちらをクリック