腎臓の構造と機能

腎臓は背中側にある臓器で、第12胸椎から第1腰椎のあたりに脊柱(背骨)を挟んで左右に1個ずつ、計2個あります。 腎臓1個の大きさは、長径約12㎝、短径約6㎝、厚みが約3㎝で、握りこぶしよりやや大きめとなります。 重量は120~150グラム程度となります。 形はソラマメに似ていて、外側は弓状にふくらみがあり、内側はくぼんでいます。

腎臓には、ネフロンという毛糸の糸玉のような形状をしている単位で構成されています。 そして腎臓1個に約100万個のネフロンがあります。 このネフロンでは、心臓から送られてきた血液からいらないものや水分をこし取るための脱水機のような場所になります。 まず、水分と血液の成分以外のものをこし取り、次にまだ体で使えるブドウ糖やアミノ酸や塩分などを血液に戻します。 しかし、その心臓から送られてくる血液の99%が再吸収され、体外に出ていくのは約1%ほどとなります。 腎臓には、心臓が送り出す全血液の約4分の1が絶えず流れ込んでいます。 その血液をろ過して余分な水分や塩分、老廃物を取り除いて尿として排出しているのが腎臓となります。これによって体内の水分や塩分のバランスが調節され常に正常な値が保たれています。 この重要な役割を果たすために腎臓には余力があり、1つになっても機能できるとされています。 腎臓が体の中に2つある意味を考えると、それだけ腎臓の働きが重要だということは容易に想像できます。 腎臓には余力があり、1つになっても機能できるといわれていますが、体の中に不必要なものは一つとしてありません。

いくら伸縮自在の膀胱でも800㎖が限界

腎臓は1日に1.5トンもの血液をろ過し、体内で発生する様々な老廃物を尿として排出しています。 成人は平均して1日5~6回の排尿がありますが、その量は1日500~2000㎖ほどとなります。 腎臓でつくられた尿は、尿管を通って約5秒に1回ポタポタとゆるやかなスピードで膀胱に落ちていきます。 人体は尿をある程度溜めてから排泄するため、膀胱の外側は伸び縮み可能な袋状の筋肉でできています。 通常厚さ1センチほどの外壁は、尿がたまるうちに引き伸ばされて3㎜程度まで薄くなります。 これが300㎖ほど貯まると内圧が高くなり、神経が刺激されます。 その情報が脳にまで伝わり、尿意を感じて人間はトイレに向かいます。 膀胱の通常時の容量は、成人で500㎖ほどとされています。

膀胱の出口には2つの筋肉によって排尿がコントロールされています。両者の筋肉をゆるめることで排尿が可能になります。 尿意を感じると無意識で1つの筋肉が自然にゆるみますが、もう1つの筋肉は自分の意思でコントロールできるため、排尿を我慢することが可能となります。 ただし、それも800㎖程度が限界になります。

カイロプラクティックと排泄機能

生命には「同化(吸収)」「排泄」「生殖」「成長」「適応」という5つの徴候があります。

その中でも腎臓は「同化(吸収)」と「排泄」の機能に大きく関わりがあります。 人間も例外ではありません。 この5つの徴候は神経のサイクルが正常に働いていれば何も問題はありません。 なぜなら神経のサイクルさえ正常なら、私たちの脳は決して間違いを犯さないからです。

腎臓の役割として尿をつくるというものがありますが、尿をつくる目的は「必要なもの」は残して「不要なもの」は捨てることとなります。 神経のサイクルが乱れ、脳と腎臓の連携が上手くいかなくなると、この判断ができなくなります。 体内に必要なものが出ていってしまっても、不必要なものが残ってしまっても体にとっては一大事です。 神経のサイクルが正常に機能していれば脳は決してこのような間違いは犯しません。 排泄機能を高めるということは、脳と体の各組織を繋ぐ神経がなによりも重要となります。

再吸収にしても同じことがいえます。 尿の99%は体に再吸収されるわけですが、なぜ99%も再吸収するのでしょうか。 それは、尿の中にはタンパク質や糖質など生命維持に欠かせないものが多く含まれているからです。 しかし、神経のサイクルが乱れて体の正しい情報が脳に届かなければ、体にとって必要なものが排出されている状態となります。

例えば、一般的にいわれている塩分の摂り過ぎなどはどうでしょうか。 腎臓の働きの一つとして血液中のナトリウム濃度を保つというものがあります。 正常なナトリウム濃度は0.9%といわれており、これが低くても高くても細胞は生きてはいけません。 ですので点滴に用いられる生理食塩水も0.9%に設定されています。 塩分を摂りすぎると血圧が上がりますが、それは腎臓が体液の量を増やして塩分濃度を下げようとするからとされています。 これが、一般的にいわれているむくみの原因ともされています。 また、こうなると当然血液量も増えるので、心臓が送り出す血液量も増え血管にかかる圧力も高くなり、血圧も上がるというわけです。

しかし、塩分とはそれほど悪い物でしょうか。 私たち生命は海から生まれました。 自然界にあるものがそれほど体に悪いとは思えません。 確かにどんなものでも過度に摂取すれば体にとっては毒になりますが、排泄機能が正常に働いてくれれば問題とはなりません。 また、それほど過剰に摂取していないにもかかわらず、むくみや血圧が気になるという方は神経のサイクルが乱れている可能性があります。 人間の排泄機能というものは、それほど弱くはなく、多少塩分を摂り過ぎたくらいでは体に異常はあらわれません。 しかし、神経のサイクルが乱れれば脳と腎臓の連携が取れなくなり、本来不要なものまで体に残ってしまうというわけです。

カイロプラクティック・ケアにより、血液をろ過する働きや尿を作る働きを助け、それによって体内の水分量と電解質の調整も上手く機能します。 健康な体をより健康に維持するためにもカイロプラクティック・ケアを受けて、排泄機能向上にも大きく役立てましょう!

塩川カイロプラクティック治療室
スタッフ 前田 一真