不眠不休で血液を循環させる血流ポンプ

規則正しく拍動して血液を全身に循環させるポンプの役割を果たしているのが心臓となります。 血液には酸素や栄養素など、人間が生きる上でかかせない成分を運んでいるものなので、血液を全身に循環させる心臓の役割はとても大きなものとなります。 心臓の内部は右心房と右心室、左心房と左心室の4つの部屋に分かれています。 左右の心室の血液の出入り口には、それぞれ弁が付いていて、血液の逆流を防いでいます。 心臓の壁は心筋という特有の筋肉でできており、それぞれの心筋細胞は互いにつながっていて、歩調を合わせて収縮と弛緩をくり返しています。 送り出された動脈血は、帰り道に各組織から二酸化炭素を回収し、静脈血となって心臓に戻ってきます。 この血液循環をスムーズに行うために、心臓の右心房付近の洞結節というところに独自のペースメーカーをもっています。

心臓の収縮を指令するための電気刺激が通常1分間に約60~80回のペースで作られています。 洞結節で作られた電気刺激は、「刺激伝導系」と呼ばれる心臓内に張りめぐらされた電気の通り道へと伝達されます。 心臓はこの電気信号が自発的に発生する機能をもっているため、体外に取り出してもしばらくは動き続けます。 ちなみに、心電図というのは心筋が拡張と収縮をくり返すとき発生する微弱な活動電流を測定しています。 この変化を波形として記録し、その乱れから病気の徴候を読み取ろうとするのが心電図検査となります。 正常なときは収縮のリズムで大きな鋭い波のほかに、小さな波がいくつか現れますが、異常があるとこの波形が乱れます。 心臓自体はどのように酸素や栄養素を得ているかというと、心臓の外側を取り巻く専用の冠状動脈から得ています。 この動脈が動脈硬化などで詰まると十分な血液が回らない状態・虚血となります。 これが狭心症というもので、心臓が酸欠になり胸に痛みが生じます。 さらに悪化し、心筋の一部が壊死した状態が心筋梗塞となります。 これらの状態が虚血性心疾患というものになります。

心臓が一日に送る血液量は8トン

心臓は絶えず収縮と弛緩を繰り返し、そのポンプ作用によって血液を循環させています。 酸素や栄養素を血液に乗せて全身に送り、老廃物や二酸化炭素を運び出すことは生命活動の基本となるメカニズムであり、仮に心臓が機能を停止するようなことがあれば、それは即ち死を意味します。 安静時、心臓は1分間に平均して70回拍動します。 このとき、一回の拍動で約80㎖の血液が押し出されます。 つまり、1分間にすると80㎖×70回で5600㎖、ビール大瓶(633㎖)で約9本分の血液が拍出されることになります。 これを1日24時間でみると約8トン(8000㎖)とドラム缶40本に匹敵する量となります。 人生を仮に80年とした場合では約24万トンと大型タンカー並みの量が拍出されることとなります。 このように人間の生命の核をなす心臓ですが、産まれてしばらくすると心臓内のほぼすべての細胞が分裂しなくなります。 これは、細胞分裂によって起こるガンを予防するためとなります。 全身の血液量は、健康状態に問題がない場合で体重の約13分の1とされています。 男女別では、男性がやや比率が高く、約8%。女性が約7%程度となります。 体重65㎏の男性では約5㎏、体重50㎏の女性では約3.5㎏が血液の重さということになります。 血液は各細胞に栄養や酸素を送り届けるなど、生体維持に関わる重要な役割があります。 したがって、多くの血液を失うと健康を損なうばかりではなく、生命の危機にもつながります。 一般的に、全血液量の7分の1程度が失われても、医学的にはただちに健康上の問題は起きないとされていますが、5分の1以上が失われると酸素欠乏状態に陥ります。 さらに、急速に血が失われた場合、失血量が全血液量の3分の1以上に達すると失血性のショックで失神。 この時点でかなり重篤な状態で、生命の危機となります。 そして、失血量が全量の2分の1に達すると即死してしまいます。

心と体のバランスを整えるカイロプラクティック効果!?

心臓は筋肉の塊でできた強靭な臓器で自発的に拍動することができます。 カイロプラクティックは神経と脳の専門家ですので、心臓が自発的に拍動するならカイロプラクティックを受けても心臓には影響がないように感じるかもしれませんが、そうではありません。 心臓につながる神経は心臓神経といい脳の延髄とつながっています。 そして、心臓の拍動を調節しているのが自律神経となります。 つまり神経のサイクルが乱れるということは、直接的に心臓の拍動に影響を与えてしまうことになります。 自律神経とは交感神経と副交感神経のことで、この2つのバランスが乱れることが自律神経の乱れということになります。 交感神経が優位になれば、心拍数増加・心筋収縮力増強・刺激伝達系の伝達速度の促進などにつながります。 副交感神経が優位になれば、心拍数減少・心筋収縮力低下・刺激伝達系の伝達速度の遅延などにつながります。 要は2つの神経のバランスが重要となります。 心臓の機能に異常が生じれば、どうなってしまうかは小学生でも分かることです。 神経のサイクルが乱れるということがどれほど重大な事態かが分かります。

話は少しそれますが、子供の頃に、人間の心はどこにあるのか考えたことが一度はあるのではないでしょうか。 レオナルド・ダヴィンチの時代(1452~1519年)の解剖図では心臓はハート型に記載されていました。 この時代では、心房は静脈の一部と考えられており、心臓は心室しか描かれていなかったためです。 心室だけの心臓はハート形に見えるので、解剖図がハート形だったのでしょう。 もしかすると、この時代では人間の心は心臓だと考えられていたのかもしれませんね。 現代のドラマや漫画でも、心を表現するときには胸をドンと叩くようなシーンを見かけます。 また不思議なことに、心臓移植を受けた方が移植後に性格が変わったりといった現代医学では証明しようがないこともあります。 ただ、こういった現象というのはある意味では当たり前といえます。 人間の体は医学的に見ても、まだ2~3割しか解明されていません。 ですので、どんな事態が起きても不思議ではありません。 一般的には、心は脳によって作り出されるものとされています。 ここでいう心とは、人格・感情・言語・記憶・意思決定など、とても広い意味となります。 その証拠に脳の病であるアルツハイマー病などになって大脳の神経細胞が失われてしまうと、呆けてしまったり、人格が変わってしまったりします。 このような事態にならないようにするためには日々の予防が必要です。 当然、心臓にとっても脳にとっても予防が大切となります。 ではどのような予防がいいのかといえば、神経のサイクルを整えることがなにより重要となります。 神経のサイクルが正常に働けば心臓も正しく拍動してくれますし、それによって脳への血流も正しく流れます。 結果、脳のパフォーマンスは向上し、全身の調和が取りやすくなります。

では、カイロプラクティックを受けることにより、心の問題は解消されるのでしょうか。 人間は、心配事があれば不安な気持ちになったり、緊張する場面などでは心臓の鼓動が早くなり、汗をかいたりします。 これらの状態はその場の環境に適応しようとした結果ですので、それほど心配する必要はありません。 しかし、このような状態が過度に続く場合は神経サイクルの乱れを疑った方がいいかもしれません。 そもそも不安とはどのような状態でしょうか。 私たちは、日常起こりうるすべてのことを脳で判断しています。 脳は負荷がかかることを極端に嫌う習性があります。 例えば、慣れていない事・予測できない事・安心できない事などは脳が嫌う代表的なものとなります。 これらに抵抗するため、脳は不安という信号を出して拒否してしまいます。

ではどうすればいいのかというと、この不安に感じる信号とは真逆の信号を出してあげればいいのです。 それはセロトニンというホルモンになります。 このセロトニンはリラックスを感じる神経伝達物質で別名・幸せホルモンとも呼ばれています。 日本人に慎重で心配性の人が多いのは、このセロトニンの分泌が少ないことも原因とされています。 実は、これらの不安のほとんどは脳が作り出した想像の産物にしかすぎず、根拠のないものとなります。 脳は思ったよりも単純なもので、簡単に騙すことができます。 不安を感じたときも、「ただやったことがないだけだから、とりあえずやってみよう」と思うだけで不安は解消できます。 それ以外でもただ体を動かすだけで、ドーパミンという神経伝達物質が分泌されます。 このドーパミンは報酬系の神経伝達物質と呼ばれ、褒められたり・喜ばれたり・何か達成感を感じたときに分泌されます。 ただ、体を動かすといっても体内不調があれば満足に運動もできませんし、そもそも脳内物質などのホルモンバランスが正常に機能するためには神経のサイクルが正常に機能している必要があります。 さらに、このドーパミンなどの報酬系の神経伝達物質は依存症となってしまう場合があります。 例えばアルコール依存、ゲーム依存、ネット依存などがあります。 なぜこのようなことが起きてしまうかといえば、心と身体のバランスが取れていないことが最大の原因といえます。 つまりは、脳と体のバランスですね。 心臓の働きも自律神経のバランスが取れていることが重要ですし、神経のサイクルが正常に流れているからこそ、脳と体の各臓器の調和が取れ、ホルモンバランスも整い、心と身体の調和も取れるようになります。 皆さんもカイロプラクティック・ケアにより、心と身体のバランスを整えて、元気で明るく楽しい毎日を過ごしましょう!

塩川カイロプラクティック治療室
スタッフ 前田 一真