血液とは

血液の45%は血球、55%は血球を除いた液体成分・血漿からなります。 血球は大きく赤血球・白血球・血小板の3つに分けられ、血漿に浮かぶようにして全身に運ばれます。
赤血球は赤色のタンパク質・ヘモグロビンを含み、円形で真ん中がへこんだドーナツのような形をしています。 呼吸によって取り込んだ酸素を全身に運搬する一方、二酸化炭素や老廃物を肺まで運んでいて、その寿命は120日とかなりの長寿となります。 白血球は赤血球の2倍の大きさで、球体に毛が生えているような形をしています。 主な仕事は、体内に侵入した細菌やウィルスといった異物や、腫瘍細胞などを毒性の強い活性酸素で分解し、排除します。 数は赤血球の1000分の1ほどですが、体を感染から守るという重要な働きを任されています。 その他、老化した赤血球などを掃除する役割をもちます。 血液中での寿命はおよそ2週間前後とされています。 不定形な血小板は、骨髄内の大きな細胞が剥がれてできたかけらで、遺伝情報を保存する核をもっていません。 主な役割としては、血管が損傷したときに集まって傷口をふさぎ、止血する働きをもっています。 血球の中では一番寿命が短く、およそ1週間ほどとされています。 血液の半分以上を占める血漿は、その9割が水分からなっています。 次に多いのがタンパク質。その他、脂質・糖類・無機塩類から構成されています。 血球である赤血球・白血球・血小板や酸素・栄養素、老廃物を運ぶのが主な働きとなります。

血液型は115京2900兆通り

血液型の分類で最もメジャーなABO式ですが、この血液分布は国や地域によって割合が異なります。 このABO式は1900年にオーストリアの生物学者K・ラントシュタイナーによって発見されました。 現在でも、犯罪捜査の現場などでは、まずABO型による血液型鑑定が行われるほど一般的となっています。 この発見によって、ラントシュタイナーはノーベル生理学・医学賞を受賞されています。

ABO式では血液型はA・B・O・ABの4つに分かれますが、どれになるかは両親がもつ血液型遺伝子によって決定されます。 子はA・B・Oの3種類の血液型遺伝子のうち、両親から1個ずつ受け継ぎます。 遺伝子レベルでは、AA型・AO型・BB型・BO型・OO型・AB型の6種類の組み合わせが生まれます。 AとBの遺伝子はOに対して優勢で、AとBには優劣はないという法則性があるため、血液型はA・B・O・ABの4つに整理されることとなります。 血液型の割合は地域によって異なり、人類発祥の地とされるアフリカはO型が多く、北欧や西欧、北米はA型、アジアはB型が多くなっています。 古代文明のインカやアステカはO型単一民族で、現在も南米は人口の9割近くがO型となります。 この分布は、災害による人口変動や、民族移動のためだといわれています。 ただ、日本人になぜこんなにもA型が多いのかはいまだに解明されていません。 一説によると、オーストラリアをはじめとする、見つけにくかったために後から発見された地域にはA型人口が多く、おそらくそれはA型の「自分のルールを作りたがる」という気質からきている可能性があるそうです。 確かに、日本は世界にもあまり類をみない独特な文化をもつ国です。 また、日本の周囲の地域と分布にずれがあり、これはのちに日本人となる人種が何度かにわたって日本列島に到着したからだという説もでています。 日本内の分布でいえば、南に下るにしたがってA型が増え、北では比較的B型が多いそうです。

1900年にABO式血液分類を発見したラントシュタイナーは、1927年にABO式とは無関係のMN式血液分類も発見しました。 M型・N型・MN型の3種類に分けるもので、人間の赤血球をウサギに注入する実験中に見つかりました。 また、1940年になると、アカゲザルとウサギの唾液から、Rh型の血液型が発見されました。 Rhは、アカゲザルの英名Rhesus(リーサス)に由来するものとなります。 Rh型の血液には少なくとも12種類のタイプがあり、大きく分けるとRh+、Rh-に分類されます。 後者は1種類しかなく、ほかの11種類とは反応しません。 日本人の99.3%がRh+なので、Rh-がいかに希少な血液なのかが分かります。

以後も、様々な血液型が発見され、現在判明しているだけでも60種類以上の種別があり、それらを組み合わせていくと、115京2900兆通りという想像を絶するパターン数になります。 もしかすると、ピッタリ同じ血液型の人間はいないかもしれませんね。

血液は骨から作られる!?

人間は酸素や栄養素がなければ生きていけません。 口から入った酸素は、肺から血中に入り、そこから全身の細胞へ届きます。 栄養素は胃腸などの消化器系によって消化・吸収され、各細胞のエネルギーに変換されます。 これらの機能が働くのは、脳と体の各臓器が神経によって連絡を取り合っているからです。 これだけでもカイロプラクティック・ケアを受けて、神経のサイクルを正常にすることのメリットが分かりますが、カイロプラクティック・ケアを受けると血液にも何か良い影響があるのでしょうか。

骨の中心部は骨髄腔という空洞になっていて、両端は海綿のような多孔質(小さな穴がたくさんある)の組織で覆われています。 中はゼリー状の骨髄と呼ばれる組織で満たされています。 成人の骨髄は赤い色をした赤色骨髄と黄色い黄色骨髄が詰まっています。 赤色骨髄は造血機能をもっていて、ここで血液の元がつくられます。 この造血機能は全身に約1兆個もある造血幹細胞によってつくられます。 造血幹細胞は自ら複製して造血幹細胞を増やす能力をもっています。 そのため、骨髄の中では常に造血幹細胞が再生されるため、枯渇することはありません。 赤ちゃん(新生児)の骨髄はすべて赤色骨髄となります。 そのため、赤ちゃんは全身の骨髄で血液細胞をつくることができます。 黄色骨髄は脂肪組織のため造血機能はありません。 この黄色骨髄は加齢とともに赤色骨髄の脂肪細胞が増え、黄色骨髄に変化したものとなります。 成人になると、この赤色骨髄と黄色骨髄はおよそ半分くらいの数になり、胸骨や肋骨、そして脊椎(せきつい)・骨盤などの限られた骨だけでつくられるようになります。 脊椎とは、背骨のことです。 胸骨や肋骨は背骨と繋がっていて、骨盤は背骨を支えている土台の部分になります。 つまりカイロプラクティック・ケアにより健康的な背骨を維持するということは、健康的な血液がつくられ、全身の細胞に栄養満点の血液が行き渡るということになります。

骨髄の中には、1種類の造血幹細胞が存在していて、この細胞が分裂しながら、白血球や赤血球・血小板などの血球細胞へと成長していきます。 その過程を分化といい、白血球の場合は顆粒球である好中球・好塩基球・好酸球・単球はマクロファージとなり、リンパ球からはB細胞・T細胞などの役割の異なる免疫細胞が生まれます。 この免疫細胞による、免疫機能はカイロプラクティックと深いつながりがあります。 免疫は、細菌やウィルスなどの外敵やがん細胞などを排除するシステムで、簡単にいってしまえば、自己(自分)と非自己(異物)を認識することで行われる生体防御反応となります。 体内に侵入した外敵や、ガン化した細胞などの情報は、すべて神経を通して脳へ届き、脳は受け取った情報を元にキラーT細胞やマクロファージなどの免疫細胞に指令を出します。 つまり、免疫システムが機能するためには、神経のサイクルが正常に働いているということが絶対条件となります。 神経のサイクルが乱れている状態では、正しい情報のやり取りができず、体にとっての異物を異物と判断できずに攻撃しなかったり、逆に自己の正常な細胞を異物とみなして攻撃してしまったりします。 神経のサイクルが正常に働いていれば、脳は決して間違いを起こしません。 体の正しい情報を脳へ届けるということが、どれほど重要なことか分かります。 

この免疫機能には大きく分けると自然免疫と獲得免疫の2種類があります。 自然免疫とは異物を手あたり次第に攻撃する免疫となります。  獲得免疫とは、特定の異物を認識し、そのターゲットに標準を合わせて攻撃する免疫となります。 この獲得免疫とは、異物を記憶できているかどうかにかかってきます。 この異物を記憶するというものは、自己の自然免疫で外敵を排除できた場合に限ります。 風邪などをひいた場合、つい薬などに頼ってしまいますが、人間が持っている自然治癒力とは、本来どんな病気にも打ち勝てる力を持っています。 確かに、高熱が出ているときなどはとても辛いものですが、自然免疫で打ち勝つことができた細菌やウィルスは、獲得免疫に記憶されるため、次にその外敵が侵入してきたときには、その外敵に照準を合わせて攻撃できます。 つまり、二度と同じ外敵に体を犯されることがなくなり、その獲得した免疫は生涯の宝となります。 どうしてもの時は、薬に頼らなくてはならないこともあります。 しかし、常用的に薬を飲むということは、この生涯の宝物を得る事ができないばかりか、神経機能もどんどん低下してしまいます。 そうなれば脳は体の状態を把握できなくなります。 そして薬には副作用がつきものとなります。 脳が作り出した治すエネルギーには副作用はありません。

カイロプラクティック・ケアを受け、健康な背骨を維持すれば、健康な血液(血球)が作られ、体の各細胞にエネルギーが満ち溢れ、いつまでも若々しくいることができます! そして、生涯の財産となる免疫という宝物も得られて良いこと尽くしです! ぜひ定期的にカイロプラクティック・ケアを受け、いつまでも若々しい体を維持し、生涯の宝物を受け取ってください。

塩川カイロプラクティック治療室
スタッフ 前田 一真