道に健康という言葉が書かれている予防医学への道
2007年にアメリカの研究論文*がカイロプラクティックは最高の予防医学であるという結果が報告されました。 7年間カイロプラクティックを定期的に受けている7万人の患者が対象で、大幅な医療費の削減に繋がり経済的メリットになることが判明しています。

研究結果では、60.2%入院患者の減少、59%通院の減少、62%手術の減少、85%薬の費用の減少が報告され、カイロプラクティックは最高の予防医学であると判明されました。

今回のコラムでは、カイロプラクティックがなぜ最高の予防医学であるのかを解説していきます。

最高の予防医学とは?

ほとんどのガンは、遺伝子の突然変異によって発生します。 37兆2000億個あるとされている人間の細胞は、必要に応じて成長と分裂を繰り返しています。

ところがその際、特定の遺伝子に変化が生じると、正常な細胞が突如としてガン細胞へと変位することがあります。 遺伝子の変化は、1回限りでは体に影響はないとされていますが、分裂を重ねることで異常が生じてガン細胞となります。

例えば、その細胞が約10年かけて30回分裂すると仮定すると、約10億個の塊となり、そこで小指の爪ほど、約1グラムのガン細胞を形成してしまいます。

実をいうと、体内では毎日数百~数千個のガン細胞が誕生しています。 それでも、免疫力によってガン細胞を正確に退治するため通常は異常をきたすことはありません。

自己の免疫システムをしっかりと働かせてガンを予防することが重要になります。 そこで、カイロプラクティックが重要になります。

カイロプラクティックによって、正確にガン細胞を把握することができれば、正確に体は対処してくれます。 だからこそカイロプラクティックが最高の予防医学と言われています。

神経サイクルの乱れは、ラジオのチューニングがズレているようなもの

私たちの脳は決して間違いを犯しません。 神経のサイクルが正常に働いていれば、体の情報は正しく脳へ伝わります。

体に何か異常があったとしても脳は瞬時にその情報を元に体の各組織に指令を出し、全てを調節し全身を調和させてくれます。

免疫システムも、当然脳からの指令が重要になります。 ガン化した細胞があったとしても、脳にガン化した細胞があるという情報がしっかりと届けさえすれば、体はそのガン化した細胞の対処に当たります。

情報を受け取った脳は、瞬時にして体の各組織に働きかけキラーT細胞やマクロファージといった免疫細胞がガン化してしまった細胞に攻撃を加えます。

もちろん、この免疫システムは菌やウィルスなどの外敵にも有効となります。 このように体内の免疫システムにも神経のサイクルが関係していることが分かります。

神経のサイクルが乱れることを神経が圧迫するという表現を使ったりしますが、神経の圧迫とはどのような状態なのでしょうか。

神経は物凄く繊細で柔らかくできています。 その神経にほんの少し圧力がかかるだけで、神経のサイクルは乱れてしまいます。

ほんの少しの圧力とは、10円玉くらいの重さがかかるだけで神経の流れが60%も妨げられてしまうほど、弱い圧力になります。

神経の圧迫といっても、神経がギューっと押しつぶされているわけではありません。 仮に神経がギューっと押しつぶされてしまえば、完全麻痺の状態になってしまい、神経細胞は死滅してしまいます。

この神経のサイクルが乱れることを、 “ラジオのチューニングがズレている” と表現したりします。

ラジオのチューニングがしっかりとしていれば、音はクリアに聞こえるものですよね。 ところがほんの少しチューニングがズレると音は聞こえるもののノイズが混ざります。

これを脳から免疫細胞への指令に置き換えてみましょう。 体の中にガン化した細胞があるとします。

情報を受け取った脳は、瞬時にして免疫細胞へ指令を出しますが、チューニングがズレているため指令の声にノイズが混ざり、正しい指令が免疫細胞へ届かなくなってしまいます。

この状態では、仮に免疫細胞が出動しても、脳はきちんと体の状態を把握していないので、最大限に免疫力を発揮することができなくなります。

こうならない為には、ラジオのチューニングのほんのわずかなズレを戻してあげる必要があります。

では、ここでラジオのチューニングを人間の背骨に戻してみましょう。 その背骨のズレやゆがみはほんのわずかなものになります。

そのわずかなズレが神経のサイクルを乱す原因になります。 ここで間違えてはいけないことは、カイロプラクターは決して背骨や骨格のズレやゆがみを正すことを目的とはしていません。

あくまでも神経のサイクルが乱れている原因箇所(背骨)を調節することによって、神経のサイクルを正常にし脳から体、体から脳への声が正確に届くようにすることが目的となります。

ノイズが混ざった声では聞き取りにくく、間違いを起こす原因になってしまいます。 決して間違いを犯さないはずの脳がコントロールしている体に問題が生じるということは、ラジオのチューニングがズレたときのようにノイズが混ざり各指令が全身に生き渡らなくなる状態にあります。

神経のサイクルが乱れる事が、どれほど重大な事態かお分かりいただけたでしょうか。 皆様も日頃から、カイロプラクティック・ケアを受けて、自己免疫力を向上させ、ガンの脅威に怯えることない強い体を手に入れましょう!

*JMPT2007 May 30
Clinical utilization and cost outcomes from an integrative medicine independent physician association

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始