実際の体を構成する細胞の数を知っていますか?

生物の体は細胞からなっています。 細胞は生物の体を構成する生命の最小単位となります。その大きさと形状は様々で、中には原生動物であるアメーバやゾウリムシのように、1つの細胞だけでできている単細胞生物も存在します。

人間の体も当然ですが、細胞からなっています。 その数は60兆個と聞いたことがある人も多いと思います。 しかし、この60兆個という数は根拠のないもので、人の体重を60㎏とした場合、細胞の大きさを約10㎛とすると、その数は60兆個という、かなりアバウトな計算で算出された数字でした。

2013年、Annals of Human Biologyという雑誌に「人体の細胞数の推定」という論文が載り、その論文内では人体それぞれの器官の細胞数を、文献的・数学的なアプローチを使って統計的に計算し、人体の細胞数は37兆2000億個と推定すると論じられました。 60兆個からすると、かなり減りましたね。 ただ、そもそも人によって身長も体重も違います。

仮に、一つの体に60兆個の細胞があるとします。その体の細胞を顕微鏡で一つ一つ数えていき、1秒間に3つ数えるペースでいけたとしましょう。 計算上は、およそ63万年以上もかかってしまいます。 1秒間に3つというのも現実的ではないので、1秒間に1つしか数えられなければ、190万年かかります。 ちなみに、この計算は190万年間1秒も休憩しないで数えたらです。 人類が誕生して約200万年ですから、人類誕生から数え続けて、ようやく一つの体の細胞が数え終わるというとてつもない数字ですので、60兆個にしろ37兆2000億個にしろ、1つの体にはそれだけとてつもない数の細胞があると覚えておけばいいでしょう。

人体の細胞のサイズは約10~30㎛(マイクロメートル)で、平均すると17㎛となります。 マイクロメートルとは、ミリの1000分の1のことです。 私たちの日常生活にある物で大きさを比較すると17㎛というのは、お米1粒の10000万分の1くらいの大きさです。 細胞は、その種類によっても異なりますが、約65%(新生児は80%)が水、約15%がタンパク質、約12%が脂質、その他が核酸、無機塩類、糖質、イオンなどで構成されています。 いわゆる生体高分子と呼ばれるものに、脂質やイオンなどが複雑な構造で組み合わさってできています。 これらの諸要素を結び付けているのが約65%(新生児は約80%)の割合を占める水となります。 水といっても、私たちが普段口にする水とは形態が違います。 どろどろとしたゼリー状のもので原形質と呼ばれます。この周りを細胞膜というリン脂質を主成分としたもので包んでいます。これでも説明としては大雑把なものですが、簡単にいってしまえば細胞一つ一つは、各種成分をゼリー状の液体でくっつけて、その周りを脂で囲んでいるというものになります。 このような組成を持った細胞が集まって組織となり、各種組織がまとまることで臓器であったり、目や耳といった器官が形成され、器官が集まることで、人体となります。

最初に誕生する細胞とは?

最初の細胞は、精子が卵細胞の中に入り込み、受精することで生まれます。それは決して当然のことではなく、まさに生命の神秘なのです。この最初にできる細胞は、ただの細胞ではありません。 『一つの完璧な細胞』です。 この1つの完璧な細胞は、やがて細胞分裂を始めます。細胞分裂によりどんどんとその数を増やし、8週間が過ぎたころ、この細胞にある変化が起きます。最初は1つの細胞だったものが、徐々に人間の器官を形成し始めるのです。 では、人間はどの器官から形成されていくのでしょう。 血液を循環させるために、心臓からでしょうか? 栄養素を消化・吸収するために、胃腸からでしょうか? 体を支えるために、骨組みからでしょうか?

これらは、どれも違います。最初に形成される器官は、すべてを司る臓器『脳』と『脊髄』です! 脊髄と繋がる神経回路が次々と枝分かれしていって、枝分かれしながら伸びていき、やがて全身を覆う『神経のネットワーク』ができるのです。それが終わって、初めてその他の器官が生成されます。 つまり、脳と脊髄は体が作られていく過程を知っているのです。だからこそ私たちの体に何か異常があったとしても、神経のサイクルが正常ならば、脳は体の異常に気付き、体の各組織に働きかけて、異常個所を治癒してくれるのです。

脳はどんな医者よりも名医!

人間は、母体の中で280日かけて作られます。その過程を脳は全て知っています。人類が作った薬剤などは、どんなものでも必ず副作用があるものですが、体内で作り出された治る力に副作用はありません。脳は決して間違いを犯さないのです。 脳は生きる為に、常に全力です。生きている限り、必ず治そうとする力が働きます。 この治る力を自然治癒力や先天性治癒力といいます。 神経のサイクルを正常にするということは、この自然に治る力を100%引き出すともいえます。 例えば指先を切ったとします。その傷は時が経てば自然と治ります。脳は指先を切った瞬間に、神経を通してその情報を受け取ります。その傷がどれほどの深さなのか?どれほどの幅なのか?その傷を塞ぎ、治癒するにはどれくらいの凝固組織が必要なのか?神経を通して情報を受け取った脳は、瞬時にして体の各組織に指令を出し、適切な対応をしてくれるのです。

ところが神経のサイクルが乱れると、脳は体の状態を正しく認識できなくなります。 カイロプラクターは、脊髄神経を守っている背骨をアジャストメント(調節)することで、神経のサイクルを正常にし、脳へ正しい情報を届け、自然治癒力を100%引き出すことを目的としています。 だからこそ、我々カイロプラクターは骨の専門家ではなく、神経のサイクルを正常にすることを目的とする『神経』と『脳』の専門家なのです。

人類は、この治る力をなんとか再現しようと、これまで数々の知識を得てきました。薬の知識や手術の知識です。 しかし、これらの知識はすべて後天的な知識となります。 私たちの脳には生まれ備わった先天的な知識があります。この先天的な知識とは生きる為の知識であり、これが自然治癒力の源となります。この先天的な知識は脳のどこかに存在しているはずですが、現代の医学では証明しようもありません。 残念ながら、この生きる為の知識は、耳元でテストの回答をそっとささやいてくれるようなものではありません。ですが、人類がこの先、どれだけの知識を得ようとも、この生まれ備わった知識には勝てないのです。この生まれ備わった知識は、どんな医者よりも名医であり、決して間違いを犯しません。 それならば、せっかくの生まれ備わった知識を使わなければ、これほどもったいないことはありません。どのように使えばいいのか。意識する必要もありません。ただ神経のサイクルを正常にするだけでいいのです。神経のサイクルを正常にするにはどうすればいいのか。カイロプラクティック・ケアを受ければいいのです。

あなたが意識するべきことは、たった一つです。自身の体の内なる声に耳を傾け、自身の体に関心を持ってみてください。そして定期的なカイロプラクティック・ケアを受ける。それだけです。そうすれば、どれほどの大金を積もうとも得られない、素晴らしい恩恵を受けることができます。誰から与えられるわけでもありません。あなた自身の脳が、あなたの体を癒してくれます。

皆様もカイロプラクティック・ケアを受けて、健康な生涯をまっとうしましょう!

塩川カイロプラクティック治療室
スタッフ 前田 一真