神経は体のすみずみまで張り巡らされた脳と体の連絡網

神経は、全身にくまなく張り巡らされ、体の内外からの刺激に対して素早く反応し、脳と体の各器官の情報をやりとりする役目を担っています。 大きく分けると「中枢神経系」と「末梢神経系」の2種類があります。 中枢神経系は、脳からの指令を整理して体の各部分に伝えます。 末梢神経は、中枢神経からの指令を受けた器官を動かしたり、体外の情報をキャッチして中枢神経に伝えています。

神経の情報伝達は、電気信号と化学信号の組み合わせで行われています。 体の中の高速(光速)道路という表現は、まさに電気信号によって高速(光速)で情報の伝達が行われているからです。 その情報は最大120m/秒で伝わります。 人間はその情報伝達のスピードが速いので瞬時に行動できるのです。 神経系は、ニューロンという神経細胞からなっています。 ニューロン同士が繋がる部分をシナプスといいますが、隣のニューロンとの間にはわずかな隙間があります。 この神経系の情報伝達は電気信号や化学信号で行われていますが、そのままでは隙間があって隣のニューロンに情報を伝えることができません。 そのため、ニューロンは末端から微量の化学伝達物質を分泌し、それを隣のニューロンにくっつけることで情報を伝達しています。 このように全身に張り巡らされた神経が脳と体を繋いでいるからこそ、脳も人体の司令塔として働けるのです。

3つの神経の役割

痛みを感じる感覚神経は全体のたった10%ほどにすぎません。 その他運動神経が45%、自律神経45%になります。 カイロプラクターは神経と脳の専門家だとお伝えしましたが、腰痛や肩こりなど、痛みを感じたときだけカイロプラクティックを受けるのは、決して賢い方法とはいえません。 なぜかというと、神経の流れが60%になっても痛みを感じない人もいるからです。 つまり神経の流れが悪くなり、体のどこかに不調があっても、手遅れになるまで気づかないのです。 コロラド大学の研究で、神経に十円玉くらいの重さのものが乗ると、神経の流れは60%妨げられてしまうことが判明しました。 神経は、それほど柔らかく繊細にできているのです。

運動神経に問題が生じると、可動域が低下したり、筋力が衰えたりします。 運動神経を鍛えるためには、同じことを繰り返し行うことが大切です。 子供の頃にスポーツをされていた方はよく分かると思いますが、どんな競技でも基本が大事と口酸っぱく言われた経験があると思います。 これは同じ動きを繰り返すことにより脳を経由せずに脊髄の中で直接運動神経につなげることができるようになるからといわれています。 つまり最短ルートで情報が伝わるようになるので、さまざまな動きにも瞬時に対応することができるのです。

自律神経は、循環器系、消化器系、呼吸器系などの活動を24時間、常に調節しながら働き続けてくれる神経です。 昼間、体が活発に動く時間帯には交感神経が働き、夜(安静時など)は体を休めるため副交感神経が働きます。 これらの神経に支配されているものは人間の意思とは関係なく動きます。 例えば、心臓は意識しなくても常に全身に血液を送ってくれますし、胃腸は食べ物が体に入れば勝手に消化・吸収を行ってくれます。 また、自律神経は免疫力やホルモンバランスにも関係しています。 免疫力が低下すれば、風邪を引きやすくなったり、病気にかかりやすくなります。 ホルモンバランスが乱れれば、睡眠の質が低下したり、活力が低下したりします。

これらの働きすべてを脳がコントロールしているわけですが、それは体の情報がきちんと脳に届いているからです。 カイロプラクティック・ケアを受けることにより、神経のサイクルを正せば、脳に正確な情報が届きます。 脳は決して間違いを起こさないので、体の不調はすべて脳が解消してくれるというわけです。 カイロプラクティックは決して痛みを取るだけのものではありません。 そして、カイロプラクターが症状を取り除くわけではありません。 他の誰でもない、あなたの脳が、体のすべてを調節して、各器官の調和が取れるようにしてくれるのです。

雨が降ると神経痛が出る理由

天気が悪い時は気圧が低下し、体内ではヒスタミンの分泌が増えやすくなります。 ヒスタミンには血圧を下げる・血管を拡張させる・炎症を起こすなどの作用のほか、交感神経を刺激する働きがあります。 交感神経は関節周辺で血管を収縮させて神経を過敏にさせる働きをするため、痛みを感じやすくなるのです。 また、悪天候は湿度も上がり体の水分代謝を滞らせ、体がむくみやすく、血行を悪くすることで疲労物質も蓄積しやすいくなってしまいます。

このヒスタミンは花粉症とも深く関連します。 通常、花粉は人体にとって害ではありません。 しかし神経のサイクルが乱れると脳は体の情報を正しく認識できなくなります。 この状態で体内に花粉が入ると、脳はその情報を正しく受け取ることができないため、花粉を異物・有害と判断して大量のヒスタミンを分泌してしまうのです。 するとあの忌まわしい花粉症の症状が出てきてしまうのです。 このような話を聞くと、神経のサイクルを正し、脳が体の状態を正しく認識することがいかに重要なことか分かると思います。 これはほんの一例にすぎません。 カイロプラクティック・ケアを受けることは決して痛みを取るだけではないのです。

カイロプラクティック・ケアは神経を回復させる有効な手段!

私たちの神経はとても柔らかくできています。 そのために、とても傷つきやすいのです。 背骨の骨がズレて神経の圧迫が起きると、その箇所では炎症がおきます。 突き指をしたり、捻挫をすると、その箇所では炎症が起き、患部を触ると熱くなっています。 それとまったく同じことが体の中で起きているのです。 この神経の炎症は、神経の圧迫がある限り続きます。 背骨の動きを正常にし、神経の圧迫を取り除けば、神経は徐々に回復していきます。 では、その神経の回復スピードはというと、1日/0.3mm~1mmほどといわれています。 つまり神経の損傷が長期間放置されていれば、当然回復にも長い時間が必要になってくるのです。

神経の流れが60%になっても、症状が出ない人もいますが、神経の損傷は徐々に進行してしまいます。 ある時、限界が来た時にそれが症状となって現れます。 しかし、出てきた症状は決して悪いものではありません。 むしろ、何かがおかしいですよと体が脳にSOSのサインを送ってくれている証拠なのです。

カイロプラクティック・ケアを受けていれば、徐々に神経機能が回復していきます。神経のサイクルが正常になるのです。 そうすれば体の正しい情報が脳に届きます。 脳が全身の調和を取り、体のすべての機能が正常に働くようにしてくれるのです。 冒頭でもお伝えしたように、脳は決して間違いを犯しません。 ただ神経のサイクルを正常にしてあげればいいのです。 カイロプラクティック・ケアを受け、正常な神経機能を取り戻し、薬や手術に頼ることのない、人間本来の自然な力を引き出し、健康な体を手に入れてください。 そして、この素晴らしい人生を楽しみましょう。 痛みや病気に怯える必要はないのです。 すべては、あなたの脳が解決してくれます。

塩川カイロプラクティック治療室
スタッフ 前田 一真