男性20代

【来院に至った経緯】
ここ1週間首を左に傾けると右側に痛みが出て、朝から夜までこの体勢が出来ない。特にスマホを持ち背もたれに寄りかかりながら、頭を左に傾けると右側に痛みが出て朝から夜までずっと同じ状態になってしまう。朝起きるときは、よく寝違えることがあり首に違和感が出ることは多かった。
腰は寝起きに痛むことがあり、洗面台でかがんだりすると違和感が出てくる。
立ち上がる・しゃがむ・中腰の体勢で鈍痛があり、叩きたくなるような感じになる。

首も腰も疲れが抜けずベットで横になっても眠れ無くなってしまい、病院で不眠の薬を処方されている。

10代の頃はトレーニングとしてボクシングをやっていたので、首や腰を痛めていた。
カイロプラクティックは知らなかったが、知人の紹介で来院した。

初回の状態
①腰から首までの筋肉が硬直
②首から頭にかけて右への傾き
③腰が反りやすい

【経過と内容】

背中全体に筋肉の張りがあり、骨盤(仙骨)の中心に浮腫感が確認できた。背骨も腰が反っている分、背中の上部はバランスを取るため猫背のように丸くなっていた。
筋肉の緊張を取るため、初期集中期(来院から1ヶ月)は週1回のアジャストを提案する。

レントゲン評価から椎間板の段階は、仙骨の後方変位と腰椎の椎間板にD2レベルの変性があった。寝たり、座っていたりと同一姿勢が続くと筋肉に緊張を起こしやすい状態だった。首はD3レベルで、スマホなどで下を向く時間も増えたということで生理的カーブが減少し、中度の可動域制限を確認した。
負担のかかっている期間は、2 −5年近くあったと考えられる。
副交感神経へのアプローチに絞り、ケアをしていくことで椎間板にかかる負荷も早期に取り除くことができる状態だった。

初回アジャスト後、10分ほど横になって安静にしてもらった。不眠ということだったが、数分後には声をかけても反応しないくらい寝られていた。
ケアを始めて4週後(4回目のアジャスト)では、背中の張りがなくなり柔軟性もついていた。
睡眠も薬を飲むことなく、眠りにつくことができるようになったということだった。

5週目(5回目のアジャスト)では首までの違和感が出ることがなくなり、朝起きた時に首によく出ていたという違和感や寝違えも出なくなっている。骨盤の可動域も出てきていて全体的な調子も良く腰も痛みが出ないということで、来院の目安を2週間に1度に間隔を伸ばした。

15週目(10回目のアジャスト)になると来院された時の悩みが解消されており、以降はメンテナンスとして月1回のケアを受けている。

【考察】

今回の肩・腰・不眠の状態は全て関連があると考えられる。
自力で眠ることが難しくなってしまったということは、体が常に緊張しやすい状態だった。
外からのストレスに抵抗するために、交感神経が優位に働いている状態と考えられる。
ボクシングをやっていたので、首や腰の捻りと衝撃を受けることが多くなり負担がかかり過ぎた為、身体の防御反応が起こり筋肉を硬直させ常に守っているような状態だった。

レントゲン評価で、首のレベルはD2でおよそ2年、腰のレベルはD3でおよそ2−5年くらいの負担がかかり続け、神経伝達を阻害するサブラクセーションを引き起こしていた。

今回のケースは、このサブラクセーションが原因で交感神経が過剰になったと考えられます。交感神経が強くなってしまうと、目が冴えてしまい寝られなくなってしまったり休んでいるはずが、筋肉の緊張が抜けなくなります。

マッサージをしたとしてもまた身体を守ろうとして緊張させて、また元の状態に戻ってしまいます。
副交感神経をアジャストメントして交感神経を落ち着かせることで
神経を介して脳と身体のサイクルが整い、自分の身体の回復に向かったと考えられます。

関連リンク

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始