男性20代

【来院に至った経緯】

アパレルの仕事をしている。普段スーツを着ていて鏡に向き合うこともあり、右肩が下がってしまっているのでスーツの仕立てをしてもらっている時に指摘された。
中学の時から右肩に重いショルダーバックを掛けていた気がしている。最近リュックに変更した。
あまり服にゆとりがないため姿勢が崩れると呼吸も浅くなっている。
通常は立ち仕事になるので、疲れから午後になると疲労感が溜まり、つい重心を片足に置いてしまう。その影響か、猫背になりぎみになるのと仕事後半になるにつれ靴の裏に強く擦れた痕が残るような歩き方になることがある。
朝起きる時も疲れが抜けないのでやる気が出ない。

自分でストレッチなどをしているが、身体が硬く思うように動きずらかった。病院に行くほどでもないので特に対処などはしていなかった。

気になっていることを知人と話していたら紹介され来院。

初回の状態
①仙骨の可動域制限
②腰の反る体勢
③胸椎の右下がりの傾き

【経過と内容】

片足に重心を置いている時間が長いのか右の仙骨に可動域制限を確認した。右足が1センチほど短くなっている。
レントゲンの評価は、腰椎5番の椎間板はD3で椎間板の後方が薄くなってたことから、初期集中期(来院から1ヶ月)は週1回のケアを提案する。

初回のアジャスト後、翌日の目覚めはスッキリしていて2度寝せずに起きることができた。
ケアを始めて1週間後(2回目のアジャスト)では、ストレッチする際に、動きやすくなった。

ケアを始めて1ヶ月後(4回目のアジャスト)は、仕事中の午後の疲労感が消えて前よりも集中できるようになった。

少しずつ状態が良くなっていることを患者さんも感じることができた。もう少し頑張りたいということから、もう少し週1回のペースで来院を希望される。その都度、身体の動きや状態を見て来院のペースを切り替えていくことを話し合った。

ケアを始めて2ヶ月後(8回目のアジャスト)では、鏡を見ても右肩が下がっていないことに気づき、自分のスーツを仕立てる際も、寸法の変化が起こり驚かれていた。

身体の状態が良くなると気分いい状態に変わるということで、今も2週間から1ヶ月の期間でメンテナンスとして来院されている。

【考察】

レントゲン評価は腰椎5番目の椎間板レベルD3で、2−5年の負荷がかかっていることが確認され、神経伝達を阻害するサブラクセーションが、体内で引き起こっていた。

脳が身体の状態を把握することができなくなると、仕事での疲労をなかなか回復することができなくなってしまいます。
寝て起きても疲れが取れないのはこのためだと考えられます。
身体はストレスに反応して交感神経が優位に働き、コルチゾールを分泌させ血圧が上昇します。これは環境や状況に適応する反応になります。

そして就寝前には、自律神経の切り替えが起こり副交感神経を優位にさせてコルチゾールの分泌を減少させます。
今回のケースは自律神経の切り替えがうまくいかなかったことが原因と考えられます。

アジャストは副交感神経支配のある、骨盤部分と上部頸椎のサブラクセーションを解消させてきたことで、状況に応じて副交感神経が優位を取り戻すことができたと考えられます。になったと考えられます。

脳と神経のサイクルが正常であれば、身体のONとOFFを切り替えることができるようになりしっかりと休むことができます。

関連リンク

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始