男性60代

【来院に至った経緯】

30年くらい前に初めてぎっくり腰をやり、そのときは脚まで痺れが出た。その後、何度かぎっくり腰を経験したが動けなくなるほどではなかった。しかし3年前に歩けないほどのぎっくり腰をやり、トイレに自力で行く事すらできなくなった。

痛み止めやロキソニンテープを貼っても症状は改善されずに1週間寝込んでしまった。その後、なんとか日常生活は送れるようになったが、慢性的な腰痛や夜寝ている時にふくらはぎがつって起きてしまうということが度々続いていて、睡眠の質も悪くなっていた。

元々、睡眠の質は悪く寝入りまで1時間以上かかることが多かった。また顎関節にも違和感を感じており、右顎がガクッとなることがあった。特に固い物を食べると違和感を強く感じることがあった。

ここ最近は普通に歩いている分には腰が痛くなることはなかったが、疲れているときや、長時間歩いたりするとなぜか太ももの前が突っ張る感じがするようになった。

いつかまた動けなくなるようなぎっくり腰になってしまうのではないかという不安があったがどこに行ったらいいのかも分からず悩んでいたところ、知人の紹介で当院に来院された。

【初診の状態】

①左仙腸関節の明らかな可動域制限
②腰部起立筋の緊張
③上部頸椎の過緊張

【経過と内容】

初診時の状態では、左骨盤の明らかな可動域制限が見られた。症状は何度も繰り返してしまうぎっくり腰への不安や睡眠の質の問題、顎の違和感などがあった。

骨盤の可動域制限から腰に必要以上の負荷がかかり、腰部の起立筋が過緊張の状態だった。また上部頸椎にも過緊張が見られ頭部の傾きも強く見られた。体表温度検査では骨盤と首の上部が顕著に見られた。

レントゲン評価では椎間板の段階は慢性的なD4レベルが確認された。重度の骨盤の傾きも見られたため初期集中期では週2回のケアから開始した。

ケアを始めて1週後(2回目のアジャスト)には、手に血液が流れてくる感じがあった。2週後(3回目のアジャスト)には、明らかに以前よりも歩きやすさを感じるようになった。

3週後(5回目のアジャスト)には、足にも血液が流れるような感じがあり、全身がポカポカするような感覚があった。この頃には腰の不安もまったく感じなくなり、歩いているときの太もも前の違和感もまったく感じなくなった。

4週後(6回目のアジャス)には、夜ふくはらぎがつって起きるようなこともまったくなくなり睡眠の質も向上した。また固い物を食べると顎に違和感が出ていたがそれも解消しつつあった。

現在は徐々に安定してきていて、治療の間隔を2週間に1度のペースに広げてカイロプラクティック・ケアを続けている。

【考察】

今回の腰や太もも、ふくらはぎの問題は骨盤の傾きから腰部の椎間板に負担がかかり腰の神経に大きな負荷がかかっていたものと考えられる。

骨盤は建物で言えば基礎の部分にあたり、土台がゆらぐことで腰だけではなく、首にまで影響してしまっていた。特に上部頸椎は睡眠や顎関節とも密接な関係がある。

レントゲン評価では椎間板の段階はD4レベルととても慢性的だった。サブラクセーションによって体の情報が脳へ届いていなかったため治癒する力が働かず悪循環に陥っていた。

アジャストメントによりサブラクセーションが取り除かれ、体の情報が脳へ届いたことで腰や太もも、ふくらはぎの違和感、睡眠の質や顎関節の違和感の改善に繋がったと考えられる。

睡眠の質や顎関節、太ももやふくらはぎの違和感であったとしても、土台である骨盤から安定させていき、体の情報を脳へ届けることがいかに重要かが分かる症例である。

関連リンク

ご予約・お問い合わせ

銀座・新橋の塩川カイロプラクティック
〒104-0061 東京都中央区銀座8-3-10 トミタビル6F
tel.03-5568-2020
受付時間
平日:9:30~18:30 (土曜日:9:30~15:00)
※詳しくは営業時間をご参照ください。
定休日
日曜日、祝日、年末年始