多くの人がこんな経験をしたことはありませんか?

耳鳴りや難聴で病院に行って、

「耳に異常はありませんね。 お薬を出しますから少し様子を見てくださいね。」

「異常がない? じゃあ、この耳鳴りや難聴は何が原因なの?」

と、不安になった経験。

では、耳鳴りや難聴の根本原因はどこに存在しているのでしょうか?

日本では、耳鳴りの患者がここ数年で急増中しています。その数は、厚生省の国民生活基礎調査によると、約1400万人にのぼっています。人口の10~15%程度が耳鳴りを感じていると言われています。また、難聴にかかる約9割の人に耳鳴りを伴うとも言われています。

耳鳴りの音には、金属音のような高い音から低い音、虫が鳴くような音と様々な種類があります。また、突発性の耳鳴りもあれば、慢性な耳鳴りもあります。

しかし、耳鳴りが起こるメカニズムはいまだ解明されていません。

一般的な治療法として、血流を促す薬や筋肉を弛緩させる薬や抗不安薬のような薬物療法、音響療法、心理療法などがありますが、一時的に症状は緩和されても、根本的な改善には至りません。

耳鳴りの原因は、耳の問題と診断されることが多いですが、ストレス、精神的な不安、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、天候や環境の変化などといった外的要因も考えられます。一般的にそれらの外的要因を見直し、改善することが耳鳴りの対策法とされています。 

しかし、考えてみてください。もし外的要因が耳鳴りの原因だとしたら、なぜ耳鳴りになる人とならない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、耳鳴り予防策として外的要因に意識を向けるのではなく、身体の内に意識を向けることです。

日常生活において様々なストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや、天気や環境が変化することもあります。毎回毎回それらの変化に対応し続けるのは大変な作業になります。

だからこそ耳鳴りの対策として身体の内に意識を向けることが大切なのです。そもそも耳鳴りは、身体の内からのシグナルなのです。身体のバランスが乱れていることを教えてくれる大切なシグナルです。

カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考え、耳鳴りに対してアプローチしています。

カイロプラクティック的アプローチ

特に注目したいのが「脳への電気信号」です。

まず音の聞こえる仕組みから説明していきましょう。

そもそも音は、外耳から中耳から内耳から脳へと伝わります。
外耳は音を集めて鼓膜を振動させます。中耳はその音を内耳に伝え、内耳は振動を電気信号へと変換させ脳に伝えます。

その電気信号によって私たちは音を認識することができます。その電気信号を運んでいるものが神経になります。

サブラクセーションによって聴覚を司っている神経に障害が起こることや、自律神経の乱れによって、正確な音の電気信号を脳に伝えることができない状態が続きます。

この、音を伝える過程の神経に異常が生じた状態を『難聴』と言います。

その結果、耳から脳に伝わる電気信号が少なくなり、脳が音の感度を上げようとします。その結果、本来であれば受け取らなくても良い電気信号まで脳に伝わってしまい、耳鳴りを引き起こしてしまいます。

耳鳴りの正体は、脳の過剰反応によって作り出されている音なのです。

カイロプラクティック・ケアによって、サブラクセーションが取り除かれ、脳と身体の神経サイクルが正常であれば、正確な音の電気信号を脳に伝えることができます。 そして、脳は音の感度を上げる必要がなくなり耳鳴りの改善に繋がっていきます。

関連リンク