むくみがあることに気づいたのなら、最初に体の内側と向き合うことが大切!

こんな経験ありませんか?

□常にだるさを感じて体を動かしたくない
□毎朝顔がむくんで困っている
□夕方に靴がきつく感じてじっとしていられない
□必ず生理前になると体がむくんでどうしようもない
□むくみと冷えがひどくて寝付けない

女性の悩みの中でも多いのがむくみではないでしょうか?20~30代の女性の約46%がむくみで悩まされているというデータがあります。しかも40代では約49%、70代では約78%と年齢を重ねるとその割合は増えていきます。むくみは、顔や体や下肢と様々な部位に発症し、悩みも人それぞれ異なります。これからむくみのメカニズムや体がむくむ原因などを理解し、きちんとしたむくみに対する正しい知識と対策法を身につけて、不安なく快適な毎日を過ごしましょう!

むくみとは?

私たちの体の約60%は水分で構成されていますが、そのうち2/3は細胞の内側に含まれています。残り1/3は血液など細胞の外に存在しています。この細胞の外に存在している水分が全身に送られ、細胞に酸素や栄養素を行き渡らせ老廃物を排出し、血液と一緒に心臓に戻り、また全身に送られるというサイクルを繰り返します。この時、体の中では常にエネルギーを作るための活動が行われています、その際に発生する二酸化炭素、アンモニア、尿素、尿酸などは、汗、尿、便、呼吸によって老廃物を体の外に排出しています。それらの循環や代謝に異常が生じていることがむくみの原因の1つになります。ではなぜ体の循環や代謝に異常が生じてしまうのでしょうか?

一般的なむくみの治療法

一般的にむくみは、立ち仕事や長時間の同じ姿勢、水分や塩分やアルコールの過剰摂取、水分の不足、運動不足などといった体の外における外的要因が考えられます。考えてみてください。もし外的要因だけがむくみ根本原因だとしたら、なぜむくみになりやすい人となりづらい人がいるのでしょうか?

また、薬の副作用によってむくみの原因になっていることも少なくありません。例えば、関節リウマチや喘息などの症状で使用されるステロイド剤を飲んでいると、顔にむくみが起きることがあります。ステロイド薬は、血液中のナトリウムを増加させ、細胞に水分を蓄えるようになります。また、市販の痛み止めや風邪薬にも含まれる非ステロイド鎮痛剤によっても、尿として排泄される水分が少なくなるため顔にむくみが起きることがあります。薬のみでの対策だけでは、根本的な改善には至りません。

ここで重要なことは、むくみの対策として外的要因だけに注目するのではなく、体の内に意識を向ける事です。私たちの体は常に変化し、毎回その変化に対応し続けるのは大変な作業になります。だからこそむくみの対策として体の内に意識を向けることが大切なのです。カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考え、むくみに対してアプローチしています。

カイロプラクティックでのアプローチ

カイロプラクティックでは、脳と体のサイクルに注目していきます。脳と体の細胞は常に連絡をとっていて、それを繋ぐのが神経になります。この神経の正常であることで、体内の変化や環境の変化を脳が把握することが可能になります。私たちの体は、無意識に適した血液を供給し、代謝のバランスを調整してくれます。まずは、脳と体のサイクルに問題がないかが大切です。特にカイロプラクティックでは、むくみと大きく関係している心臓、肝臓、腎臓、甲状腺、副腎などの臓器に繋がっている神経にアプローチをしています。

心臓への神経伝達に異常が生じれば、心臓の機能が低下し、血液が体内を循環しなくなり、体の様々な部分に溜まるようになります。この溜まってしまった血液から水分が細胞にしみ出してきてしまうことでむくみが起こります。さらに血行不良は腎臓の働きも悪くし、尿があまり作られなくなってしまうために体に水分が溜まりやすくなります。 

肝臓や腎臓への神経伝達に異常が生じれば、肝臓で合成されるアルブミンの量が低下します。アルブミンは、血液中の水分量を正常に保ったり、体内の物質を運搬したりする役割をしています。肝臓の機能が低下するとアルブミンが不足しむくみが起こります。また、腎臓は体内の水分量を調節したり、老廃物を尿にして体外に排出したりする働きをしているため、機能低下によって体内に水分が滞りむくみが起こります。

甲状腺や副腎や卵巣は、体のホルモンバランスを維持する為に重要な臓器です。甲状腺への神経伝達に異常が生じれば、甲状腺は、全身の代謝を司るホルモンを分泌しているので、機能が低下することで体全体の代謝が低下することでむくみが起きます。また、副腎の機能低下は、腎臓に働きかけて尿を作り出すホルモンが減少し、水分が体に溜まりむくみが起こりやすくなります。卵巣への神経伝達に異常が生じれば、生理前にプロゲステロンというホルモンに影響を与えます。卵巣は、生理が近づくと妊娠しやすくするためにプロゲステロンの量が増加します。これにより、体の外に水分や老廃物が排出されにくくなります。そのため下半身がむくみやすくなります。さらに、生理前に増加し続けたプロゲステロンが徐々に減少することで冷えを感じやすくなり、体が血行不良になりやすくなってしまうこともむくみの原因にも繋がります。

このようにむくみの根本原因は脳と体のサイクルに異常が生じることで起きるのです。いくら外的要因である水分の摂取量、塩分制限、筋トレ、運動などを改善したところでむくみの根本的な改善には至りません。そもそも体内の水分が滞ってしまい、むくんでしまったというのは体からのシグナルであり、自分の意識で確認ができるサインでもあります。むくみがあることに気づいたのなら、最初に体の内側と向き合うことが大切なのです。カイロプラクティック・ケアでは、体の神経にアプローチを行い、サブラクセーションを取り除くことにより脳が体の状態を正常に把握することができれば体の機能を最適な状態へと導くことができるのです。

カイロプラクティック・ケアによってのむくみの根本原因を取り除き、快適な毎日を手に入れましょう。