日本人の21.4%(5人に1人)が不眠で悩まされていると言われています。

一般的に不眠症は、ストレス、精神的な不安、生活習慣の乱れ、環境の変化などといった外的要因が考えられています。一般的にはそれらの外的要因を見直し、改善することが不眠症の対策法とされます。 

しかし、考えてみてください。もし、外的要因が不眠症の根本原因だとしたら、不眠症になる人とならない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、不眠症の対策として外的要因に意識を向けるのではなく、体の内に意識を向けることです。
日常生活において様々なストレスを受け、生活習慣が乱れ、環境が変化することもあります。毎回毎回それらの変化に対応し続けるのは大変な作業になります。
だからこそ不眠症の対策として体の内に意識を向けることが大切なのです。

脳と神経と体のつながりが正常であれば、ストレスや不安を受けても体は交感神経のスイッチを入れることで対応し、生活習慣や環境が変化しても、その環境を瞬時に把握し対応してくれます。脳と神経と体のサイクルに異常があると、どれだけストレスを無くしても、または生活習慣を見直したところで、不眠症の改善にはなりません。

そもそも不眠症は、体の内からのシグナルなのです。体のバランスが乱れていることを教えてくれる大切なシグナルです。
カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考え、不眠症に対してアプローチしています。

カイロプラクティック的アプローチ

特に注目したいのが「体内時計」です。

体内時計は、体温リズムだけでなく、睡眠と目覚めなど、さまざまな生体リズムを作り出しています。
私たちの体は常に環境の変化、朝から昼、昼から夜への1日の変化、季節の変化に対し、効率よく適応できるように体の状態を調節しています。
このように体は、外の環境を神経によって瞬時に把握し、脳が対処しているのです。

それが体内時計です。

体内時計は外部からの刺激(太陽光、温度変化、湿度などの環境変化)によって調節されますが、特に体内時計を強く刺激するのが太陽光です。
朝日が昇ったら、交感神経系が働き、セロトニンというホルモンの分泌が促進されます。逆に、日が沈んだら体が休息するように副交感神経系が働き、セロトニンの分泌が減少し、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌され、深い眠りを得られます。またメラトニンの分泌は通常、朝起きて日光を浴びると分泌が止まり、その約14~16時間後に分泌がスタートするように、体内時計によってセットされています。

不眠症の原因は、司令塔である脳への情報(環境の変化)がうまく伝わらない状態であると考えられます。もし、その神経に異常が生じた時、体内時計にも影響します。脳がしっかり外の環境の変化を把握することができれば、必ず私たちの体は必要なホルモンが必要な時に必要な量分泌され、睡眠のバランスをとることができるのです。

重要なことは、まず体の内に意識を向け、神経の流れに着目する必要があるのです。また不眠症は、徐々に時間を経て体内時計が乱れている場合が多いです。

ホルモンバランスが正常になるには、約3ヶ月の継続したケアが必要になります。

関連リンク