日本では、人口10万人あたりでは約15~18人(約0.1~0.2%)がめまいで悩まされてしていると言われています。めまいを訴える人の数は、厚生省の国民生活基礎調査によると、約240万人にのぼっています。

めまいの種類にはピンからキリまであります。一日ゆったりしただけで治る人もいれば、24時間常にめまいで悩まされている人もいます。

一般的な治療法として、内耳の余分な水分を減らす利尿薬、神経の炎症を抑えるステロイド、抗不安薬などのお薬が処方されますが、一時的に症状は緩和されても、根本的な改善には至りません。

めまいの原因は、内耳の問題と診断されることが多いですが、ストレス、精神的な不安、生活習慣の乱れ、天候や環境の変化などといった外的要因も考えられます。一般的にそれらの外的要因を見直し、改善することがめまいの対策法とされています。 

しかし、考えてみてください。もし外的要因がめまいの原因だとしたら、なぜめまいになる人とならない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、めまい予防策として外的要因に意識を向けるのではなく、身体の内に意識を向けることです。

日常生活において様々なストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや、天気や環境が変化することもあります。毎回毎回それらの変化に対応し続けるのは大変な作業になります。

だからこそめまいの対策として身体の内に意識を向けることが大切なのです。

そもそもめまいは、身体の内からのシグナルなのです。身体のバランスが乱れていることを教えてくれる大切なシグナルです。

カイロプラクティックでは、体の内に問題の根本原因が存在していると考え、めまいに対してアプローチしています。

カイロプラクティック的アプローチ

特に注目したいのが「平衡感覚」です。

では平衡感覚の仕組みから説明していきましょう。

平衡感覚において重要なのが三半規管です。 

三半規管の中はリンパ液で満たされていて、身体の動きにあわせたリンパ液の流れから身体の位置情報を把握しています。人が動くと、このリンパ液は一緒に動き、身体がどの方向に動いたか三半規管の神経が察知します。

三半規管でキャッチした情報は、まず神経を通って脳へと伝えられます。また、視覚からの位置情報や筋肉や関節で感じる感覚も神経を通って脳へと伝えられます。

そして、それらの情報を統合し、もっとも適切な運動や姿勢をとるよう脳は指示し、平衡感覚をコントロールしています。

この仕組みによって平衡バランスが保たれているのです。

しかし、この平衡バランスの仕組みのどこかに障害が生じたとき、めまいが起こると考えられます。

特に、サブラクセーションによって自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経のスイッチのオンとオフがうまくできない事によって、三半規管の中のリンパ液が必要以上に生産されていることや、吸収が必要以上に阻害され、リンパ液が増加し、むくんでいる状態になります。

その結果、身体が動いていないのにリンパ液が動いてしまい、“体が動いている”と勘違いし、めまいのような症状が現れます。

また、視覚からの位置情報や筋肉や関節で感じる感覚などの情報がサブラクセーションによってうまく脳に伝わらないこともめまいの原因に繋がります。身体で感じている感覚と脳で感じている感覚の不一致によって脳が混乱している状態になります。その結果、めまいのような症状が現れます。

カイロプラクティック・ケアによって、サブラクセーションが取り除かれ、脳と身体の神経サイクルが正常であれば、自律神経のバランスは正常になり、そしてなにより脳がしっかりと身体を把握することが可能になります。

関連リンク