背骨が真っすぐなことが本当の健康ではない!

こんな経験ありませんか?

□体が傾いている感じがする
□ズボンやスカートがずれてきて、骨盤が歪んでいる感じがする
□肩の高さが違って、いつもカバンが落ちてくる
□同じ姿勢をしているとすぐに疲れる
□いつも写真を撮ると顔が傾いている

側弯症とは?

背骨を正面から見て、左右に曲がっている状態を側弯症と定義しています。弯曲の大小は、上下で最も傾いている背骨の角度を測定するコブ角という角度で判断を行います。この角度が10°以上であるものが側弯症と診断されます。

一般的に手術が必要と判断される角度は、50°以上と言われています。側弯症が進行すると腰痛や背部痛、肺活量の低下などの呼吸機能障害、神経障害を伴うことがありますが、国内での調査では発生頻度は1~2%程度で、そのほとんどが症状や痛みなどが現れることはありません。

また、側弯症の原因は、未だ不明確であり根本的な治療や予防策がないのが現状です。ほとんどの場合、重症になるまで何も治療を行ってこない、ただ経過を観察しているだけで、何をしていいのか分からずに悩んでいるのが現実です。

一般的な側弯症へのアプローチと治療

側弯の程度(コブ角)、弯曲の位置、タイプなどを考慮し治療計画をたてます。主に、経過観察、装具、手術の3つの選択肢が存在しています。また、治療を行う上で年齢が重要になります。なぜなら背骨が成長している段階であれば側弯も進行する可能性が高く、治療法の選択に大きく影響するからです。一般的には、外見上も大きな変形はなく、この軽度であれば経過観察が選択されます。側弯の角度が25°から50°以下であれば装具治療や運動療法などの保存的な治療が選択されます。50°以上であれば手術が必要とされる基準になります。

カイロプラクティックでのアプローチ

カイロプラクティックでは、側弯症に対して全く異なった考えがあります。カイロプラクティックでは、背骨を真っ直ぐにするような目的で治療は行いません。なぜなら、背骨がまっすぐなことが必ずしも健康とは言えないからです。

ここで重要なことは、背骨の役割を考える必要があります。背骨は、体の柔軟性を与えてくれています。体を自由に動かすには、背骨の柔軟性が重要になります。しかし、それが1番の役割ではありません。1番の役割は、背骨の中にある神経の保護になります。すなわち背骨とは、神経を保護するプロテクターの役割があるのです。体でも最も重要な組織が神経と脳になります。脳は頭蓋骨で守られ、神経は背骨によって守られているのです。だからこそ側弯症へのアプローチで1番重要なことは、神経の働きになります。

どれだけ背骨が歪んでいたとしても、神経の働きに異常がなければ背骨を真っ直ぐにするような行為はしません。人間の体は精密にできています。体は24時間休むことなく、体にとって最善のことをしてくれます。側弯症も同様に、どうにかして神経の働きの妨害から体を守るために、背骨を傾けたり、捻じれたりしているのです。

側弯症において構造的な治療を行うのではなく、神経の働きの治療を行うことが重要なのです。そのためには、神経の働きを科学的に検査ができる専門家で正確な治療を行う必要があります。カイロプラクティックは、神経と脳の専門家です。背骨がどれだけ湾曲していようとも、神経の働きに異常がなければアジャストメントを行うことはありません。

側弯症の原因とは?

側弯症は、原因不明と言われていますが、すべての問題には必ず原因があるはずです。だとしたら、側弯症の原因も必ずあるはずです。

カイロプラクティックでは、側弯症の原因はお母さんのお腹の中にいる胎児の時から始まっていると考えています。胎児が成長している子宮は、仙骨に繋がっている靭帯によって浮遊している状態です。 仮に仙骨や骨盤のバランスが乱れれば、子宮が捻じれ、胎児の背骨に影響を与えることにもなります。

また、出産においての吸引分娩、鉗子分娩、帝王切開などの産科的医療介入によって計画的にお産がコントロールされることで、お母さんや胎児のペースでお産ができないので、両者に加わる負担は計り知れません。

妊娠中からのマタニティーカイロプラクティックによって、お母さんと赤ちゃんの背骨をしっかりとケアすることで、側弯症の予防へと繋がります。また、側弯症と診断されてとしても、定期的なカイロプラクティックのケアを受けることで、神経の働きを正常にすることができれば、背骨の湾曲の心配をすることはありません。背骨の湾曲は、環境に適応する為に作られるものであって、決して真っすぐにすることが、本当の健康ではありません。

姿勢チェック

側弯症は、思春期の体の成長に伴い進行していきます。だからこそ、定期的に親が子供の姿勢のチェックを行う意識を持つことが大切になります。早い段階から子供の背骨の変化に気づけば、適切な対処を行うことができます。

最近では、定期的に学校の健康診断で姿勢のチェックを行っていますが、学校の健康診断だけではなく、家でも定期的に子供の姿勢のチェックを行うことを進めています。当院でも、小児科の先生が来院していますが、10年前までこの姿勢のチェックで引っかかる子供は1人いるかいないかくらいだったのが、今ではクラスに10人くらい、姿勢の検査に引っかかることもあると言われていました。姿勢の問題は、これからの時代深刻になってきます。だからこそ、子供の健康を守るために定期的に姿勢のチェックを行いましょう。

・立ち姿勢のチェック

肩の高さ、肩甲骨、ウエストラインの左右差のチェックを行います。このチェックでは、背骨の傾きを確認することが可能になります。

・前かがみチェック

肩甲骨、肋骨、腰などの隆起の左右差を調べます。このチェックでは、背骨の捻じれを確認することが可能になります。特に女子の場合は、思春期に入る少し前(9~10歳ぐらい)から、自宅で家族に見てもらうことが勧められます。