サービカルチェアーとは?

今回のセミナーでは、サービカルチェアーというガンステッド・カイロプラクティックで使用するテーブルの1つを紹介させていただきました。サービカルチェアーは、座位になった状態でアジャストメントを行いテーブルになります。患者さまの身長や体形によって背もたれの角度を調節できる特殊な椅子の形状をしています。

また、このテーブルはアジャストメント時のみに使用されるのではなく、様々な検査(体表温度測定、視診、静的触診、動的触診)などにも使用されます。アジャストメント時では、後頭骨、頚椎、胸椎と脊柱における上部のアジャストメントに使用されるテーブルになります。当院では、このテーブルを使用することで、最も患者さまがリラックスした状態でアジャストメントを行うことが可能になります。

頚椎の重要性

頚椎からは、8本の神経が枝分かれして、首や肩や腕や手と繋がっています。多くの上半身の問題は、頚椎から枝分かれしている神経に問題があります。特に頚部では、視覚や聴覚や平衡感覚や自律神経などの問題にも大きく関係していますので、耳鳴り、難聴、めまい、頭痛、眼精疲労、顎関節、副鼻腔炎、顔面神経痛など様々な症状に効果が期待できます。