カイロプラクティックが持つ無限の価値を知って頂きたい。

はじめまして、米国政府認定カイロプラクターの塩川雅士です。私がカイロプラクターになった大きなきっかけは、父がカイロプラクターであった事です。幼少期のときからカイロプラクティックは隣り合わせで、カイロプラクティックが当たり前の環境で育ちました。大きな病気やけがをしたことがなかったのは、父のおかげです。

将来のことを考え始めた高校一年生の最後の休みに、父の治療室を訪れました。そこで、数分前まで苦しそうにしていた患者さんが魔法にかかったみたいに笑顔で帰っていく姿を見て衝撃と感動を受けカイロプラクターの道を決めました。そして高校2年でアメリカへの語学留学に挑戦しました。最初の1年は、環境や考え方の違いから戸惑うこともあり苦労しました。学校では、陸上競技部に所属し、早朝から陸上部の練習、夜は学校の宿題やテスト勉強に追われる毎日でした。今考えると、その高校生活の2年が私のカイロプラクティック人生に大きな影響を与えたと思います。日本にいた時の私は、何か目立った才能や、人をひきつけるような魅力などはありませんでした。しかし一生懸命に走っている自分がチームに貢献し、監督やチームメイトから感謝される選手にまで育ててもらいました。人から感謝されることは、どんな苦難にも立ち向かう事の出来るパワーを与えてくれます。毎日患者さんと互いに感謝し合える、こんな素晴らしい仕事は他に考えることができません。だから私はカイロプラクティックという仕事を選びました。

私の思いは、1人でも多くの人にカイロプラクティックの持っている無限の価値を知っていただき、皆さんの人生にとってカイロプラクティックが大切なものとなるようになることです。そして感謝、感動、希望にあふれる社会を目指しています。