椎間板は深部に存在しているため、直接血液で栄養や酸素供給などができません。しかし、椎間板にかかる 圧力に変化を加えることにより、うまく内部の代謝を向上させることを可能としています。歩行運動によって 股関節を動かすことで髄核にかかる圧力が増減し、その結果老廃物を排出し、栄養を吸収することができる ようになります。アジャストメント後、又は長時間同じ姿勢をした後はよく歩くことを心がけましょう。