こんな経験はありませんか?

体の不調で病院に行ってレントゲン撮影や様々な検査の結果が異常なし、痛み止めや湿布を処方され、「安静にして様子を見ましょう」と言われた経験。しかし、痛みは一向に良くならず、どうしていいかわからないで悩んでいる。
当院でも、多くの患者様がこのような体験をして来院されます。確かに痛み止めのお薬は、症状を和らげることはできますが、根本原因の改善には至りません。今回のコラムでは、問題の根本改善をするより良い方法をご紹介すると同時にカイロプラクティックと医療のアプローチの違いを分かりやすく解説していきます。

根本改善するための重要なものとは?

まず、知って欲しいことは、痛みや症状を感じるのは神経です。神経が正しく流れることで体の機能は正常に働きます。脳と体は神経を介して情報をやりとりしながら調節しています。脳は、神経から電気信号での情報を受け取り、その情報交換によって体の状態を脳が把握することで免疫機能や傷の治癒や環境の変化に合わせて調節が機能できます。

例えば、晴れた暑い日に外に出ると、瞳が縮んで眩しくないように調節してくれます。暑くなれば汗をかいて、寒くなれば汗腺が閉まり鳥肌が立ち、体はいつも同じ体温を保ってくれています。これらすべての調節に、神経が関与しています。そもそも、痛みや症状を感じる時は何かがおかしいという体からのシグナルになります。

医療のアプローチ

まさに痛みを止めるお薬は、体のシグナルを消しているのと同じということになります。体の危険を知らしてくれるシグナルを消してしまえば、危険な状態を脳は把握することができないことになります。危険な状態が続けば、いずれは体が限界を越えて壊れてしまいます。もちろん、夜眠ることができないくらいの痛みや日常生活に支障がでるくらいの痛みが続くのであれば、痛み止めのお薬で一時的に抑える手段も1つの選択ではあります。

ここで重要なことは、“お薬があるから大丈夫”“安心だ”と感じ、問題に対しての対策法を見つけようとしないことです。もう1度言います、痛みや症状を感じる時は何かがおかしいという体からのシグナルになります。多くの人が病院にお世話になる時には、慢性化し時間が経過している状態になっていることが多くあります。病院でのレントゲンやMRI分析から

□椎間板の突出、
□椎間板の幅の狭まりが原因による神経の圧迫、
□骨が変形して神経を圧迫、
□患部が炎症して神経を過敏にさせている

などと診断されたことが一度はあるのではないでしょうか?

カイロプラクティックのアプローチ

そしてこれらの問題に対して、加齢やこれまでの生活習慣が原因と言われてしまい、どうしようもないと諦めてしまってはいませんか?安心してください。カイロプラクティック的に考えるとこれらはすべて体の防御反応になります。体にとって最も大切なのは、脳から全身に張り巡らされている神経です。その神経を保護する為に椎間板を狭め、高さを低くすることで安定性を与えているのです。骨が変形するのも、神経を保護するために骨の形を変え補強しているのです。患部の炎症は、損傷した部分に栄養を送るために代謝を上げているからです。

体のすべての反応には必ず理由があります。

このように体が慢性化する前に必ず体は様々なシグナルを私たちの体に教えてくれています。そのシグナルを聞き、初期の状態に対処することが体にとって一番安心なケアだと言えます。例えば、初期の状態で言えば、疲れです。“疲れたな~” “体が重たいな~” “朝起きても疲れがとれないな~”と感じている時こそ初期の体のシグナルになります。

アメリアのコロラド大学ではこのような研究論文も発表されています。
“神経の流れが40%しかなくても痛みを感じないこともある。痛みや症状がないからといって健康な状態とは言えない”

体が慢性化する前にしっかりとメンテナンスする予防こそ、本当の健康ではないでしょうか。そしてこれこそがカイロプラクティックの最大の魅力になります。もちろん私たちの日常生活で病院には重要な役割があり、多くの人が助けられ感謝されます。医療のアプローチにはその役割があり、カイロプラクティックのアプローチにもその役割があります。

それぞれの役割をしっかりと把握した上で、体にとってベストな選択をして欲しいと願っています。