健康を考える上で2つの選択肢があります。

①菌やウィルスを減らす考え方
②身体の抵抗する力を高める考え方

どちらの考え方も間違えではありませんが、皆さんはどちらを選択しますか?

今日様々な感染症という病気に私たちは悩まされ、生活の中で菌やウィルスは、“敵”や“悪者”として考えられていると思います。

病院では、抗生物質やワクチンによって菌やウィルスの根絶を目指し、それが現代の殺菌、除菌、抗菌社会へとつながっています。 

このように考えてみると、1つ目の選択肢である“菌やウィルスを減らす考え方”が優勢するのではないでしょうか。

では、“菌やウィルスを減らす考え方“についてより理解を深めて行きましょう。

確かに抗生物質やワクチンによって、菌やウィルスから身体を守り、状態を悪化することを防ぐこともできます。

しかし、最近では今まで病原菌に効果があった薬剤が突然効かなくなり、病原菌が薬剤に耐性を持つと指摘され始めています。

薬剤を使っても病原菌は100%死滅せず、生き残った病原菌が薬剤に耐えられる菌に変異してしまうのです。 

なぜそのようなことが起きてしまったのでしょうか?

それは、私たち人間と同じように菌やウィルスにも“命”が存在しているからです。 

“命”があるものには、環境が変化すれば適応し、常に生存することに努めるという特徴があります。そのため、菌やウィルスを根絶しようとすればするほど、進化し続けるという結果に繋がってしまうのです。

最近流行している新型インフルエンザなどのウィルスの進化は著しく、人間の知恵を越え、手に負えるものではありません。
 
例えば、ウィルスにとっての1年が人間の100万年の進化と言われています。大腸菌をはじめとする菌も20分に1回分裂し、1個の大腸菌が10時間で690億個までに増え、1億に1個、突然変異するのです。つまり10時間で690回も突然変異が起こっているのです。 ウィルスやワクチンを製造しても、それを使う頃には突然変異した形の異なった菌やウィルスが流行しているのです。

農業でも同じことが起こっています。

畑の土壌に強い農薬を撒いても病原菌をすべて排除することが出来ません。 

なぜなら土壌に存在している病原菌も同様に薬剤耐性菌に変異してしまうからです。

しかし自然栽培農家の人たちによると、むしろ菌は土壌の余分な肥料や不純物の浄化に必要なものとされています。

しかし、化学肥料などの使用により病原菌が繁殖するような環境を自ら作り、そしてその繁殖した病原菌を退治する農薬の使用といった終わりのないサイクルを作ってしまっているのです。 

このように考えてみると、本当の健康は、菌やウィルスとの戦いの果てに勝ち得るものではないのです。

菌やウィルスは敵ではなく、私たちと同じ“命”が存在し、共存していくことがベストな選択と言えないでしょうか。

菌やウィルスにもほかの生物と同様に目的があってこの自然界に生まれてきて、私たちに働きかけてくれています。

では、もう1つの考え方である”身体の抵抗する力を高める考え方“について考えてみましょう。

例えば、同じ環境で生活してきても感染症になる人とならない人がいます。なぜそのようなことが起きるのでしょうか?

病原菌が病気の原因ではなく、身体の内に存在しているからです。
それは、身体の抵抗する力、すなわち免疫力に関係しています。

免疫力を高く保つために1番重要なことは、脳がしっかりと身体の状態を把握することです。

そもそも私たちの身体は、病原菌が体に侵入してきても脳は神経によって瞬時に察知することができます。神経は、どんな病原菌がどこにどれくらい侵入してきたのかという細かな状態を脳に伝えます。その結果、自らの身体で病原菌を退治することのできる抗体を作り、病原菌の対処に当たります。 

本物の免疫を獲得するためには、実際に菌やウィルスに感染し、本物の抗体を作ることです。そしてその抗体を次の世代へと受け継ぐ、これこそ私たちが手にする最高の宝物ではないでしょうか。

菌やウィルスも命を繋ぐために必死です。私たちの身体を媒体にして、繁殖しています。もし私たちの命が失われれば、菌やウィルスの命も失われることになります。

菌やウィルスを排除するのではなく、カイロプラクティックによって神経の流れを正常に保ち、常に免疫力を高い状態を保ち、菌やウィルスとの共存することこそ、本当の健康を手に入れることがでるのです。