人間の体にとって最も重要なものを考えるうえで大切なのが、生命の誕生です。

生命の誕生にこそ私たちの体の秘密は隠されているのです。

まず赤ちゃんの体はどの部分から出来上がっていくのでしょうか?

最初に作られる体の部分こそ私たちの体にとって重要なものではないでしょうか。

私たちの体は、60兆個もの細胞からできていると言われています。

細胞の種類は200種類を超え、それらが複雑に組み合わさることで様々な臓器や組織を作り出しています。

そんな膨大な数の細胞も、もとをただせば、卵子と精子が融合した「受精卵」からできたものです。

実は最初に作られる組織が「神経」です。

その作業が始まるのは予想以上に早く、受精後16日目には脳の神経細胞のもとが出来上がると言われています。

人の脳は、およそ1兆個もの神経細胞で作られていると言われてます。そのもとが受精後16日目にでき始めていくことに生命の奥深さを感じます。

胎児の体が、まず脳の神経系から作られることを考えれば、やはり人の生命活動にとって1番大事であると言えるでしょう。

個人差はありますが、人間は1週間食べものを食べなくても生きられますし、3日間水分を取らなくても生きられます。また数分息を止めていても生きることはできますが、脳に繋がっている神経が途切れた瞬間、私たちは生きることはできません。

神経とは、神の径(みち)と書くように、神、すなわち大いなる自然の力が動かすものです。
この大いなる自然の力をどう受けとめるかで、人生と健康も大きく変わります。
体に痛みや症状が発症した時は、体が限界を越えたことを知らせてくれるシグナルなのです。いわば、痛みや症状というのは、これまでの「生き方」や「生活習慣」を見直しなさい、という体からのメッセージなのです。

それをどう捉えるかが大事です。

誤りに気付いて改善すれば、「自然の力」が癒してくれます。医学では治らない病いが治癒し、健康な体を手にするには神経の働きをどう導くかにかかっています。

その体にとって最も重要な神経の流れに対してアプローチしているのがカイロプラクターになります。