電気毛布をしたまま寝ていませんか?
靴下をはいて寝ていませんか?
熱いお風呂に入っていませんか? 
お風呂はシャワーだけではないですか?
寝るときに頭のほてりはありませんか?
最近運動不足ではありませんか? 

体温は起きて活動を始めるとだんだん上がり脳が活発になり、夜に向けて下がり始めます。眠くなるのは体温が下がり始めたときです。夜になると、体を活動させないので体温が低くなるというわけです。睡眠が深いほど、体温は大きく低下します。その原因のひとつは、睡眠に入ると、体温の基準値が下がることにより、代謝が低下し、体内で生み出される熱の量が少なくなります。人間の脳はほかの動物と比べて、高い機能をもっており、昼間は脳をフルに使って生活しています。そこで疲れた脳が オーバーヒートしないように、脳の温度を下げて休ませ、脳の疲労を回復させるのが睡眠なのです。

ではどうして体の熱を下げることができるのでしょうか? そこで赤ちゃんを想像してみてください。赤ちゃんが眠たくなっているシグナルは手足が暖かくなってきた時です。眠りに入る時は、手足の血管が開き、体内の熱を手足から外に逃がして、脳温を下げて眠りに入るのです。つまり足が冷たいと眠れないのは、熱をうまく体の外に逃がすことができない状態だからなのです。足が冷たくて靴下をはいたままや、電気毛布でベッドを温めておく方法は、体の表面が温まるので眠くなりますが、そのままだと体の中の温度が下がらないので熟睡できないことにもなります。電気毛布や暖房は、タイマーでスイッチが切れるようにしておくとよいでしょう。寝る前にぬるめのお風呂に入ったり、足湯を使ったりして軽く暖めると、眠りに入るまでの時間が短くなり、深い眠りを得やすくなります。温かくした後には、血管が拡張し、手足の表面からの熱放散が増え、体の内部の温度が低下しやすくなるためと考えられます。しかし熱すぎるお風呂は逆に深部体温が上がってしまいますのでご注意ください。顔のほてりなどがある場合は一時的に頭を冷やしても、温度を下げたのと同じ効果が得られるという報告がありますから、試してみてもいいでしょう。また運動不足であれば、夕方の簡単な運動も、皮膚からの熱放散を増やすので、うまく眠るのに効果的です。 冷えがひどい場合は、耳や鼻、手足の指など、体の外に出ている部分は冷えやすくなるので、耳あてをすると体から熱が奪われるのを防いでくれます。