“The power that makes the body heals the body“
「体を作った力が体を癒す」 
 
私たちの体には、自然治癒という力が備わっています。手を切っても、時間とともに傷口は治癒してゆきます。その力は、私たちの体を作った力と同様なのです。治せと命令しなくとも、自然と自らの体で判断し、傷口を治癒してくれます。まさに病気や症状は「自然」が治してくれるものなのです。病気になっても「自分が治す」とか「誰かに治してもらう」と肩を張る必要はありません。「自然の力」が大きな味方をしてくれます。現代医学は体を分割して考え、出てきた病気を診て治そうとしますが、病気を引き起こしている根本的な原因を正すことはしません。ここがカイロプラクティックとの大きな違いです。病気として出てきた根を正すことで、1つ1つの細胞に活力を与え体質を変えるのが、私たちの体にとって最高の状態と言えます。自然はすべて相対する2つのものが調和することで成り立っています。男と女、夜と昼、右と左、怒りと安らぎ、静と動などなど数えたらきりがありませんが、これらの2つがバランスをとり合うことで成り立っているのが自然です。体の自然なバランスが乱れた時、私たちの体は、様々な方法で気づきを与えてくれます。病気や症状は敵ではなく、むしろ不自然な生活や生き方に気づきを与えてくれる、またとないチャンスなのです。カイロプラクティックの目的は、体が本来の自然な状態にかえり、調和のとれた状態に導くことです。そうすれば、どんな時でも体を作った力が体を癒してくれるのです。