サブラクセーション ≒ 神経の流れが乱れている

サブラクセーションとは、骨(ほね)自体の問題ではなく、椎間関節のすきまをとおる神経の情報伝達が異常を起こし、骨をつなぎ支えている椎間板のショック吸収力と可動性(動きとバランス)に影響を及ぼすことを指します。サブラクセーションは、からだの中枢である脳とからだの通信回路である神経の流れを阻害してしまうため、結果としてさまざまな身体機能の異常をおこします。サブラクセーションが適切な処置を受けずに放置されると、脳の情報を伝える神経は弱り、そこから起こるからだの機能上の問題は、連鎖反応で倒れるドミノのように、体内のあらゆる部分に影響します。このように神経の流れが正常であることが私たちの健康を維持するもととなり、その力が発揮されていない事が病気やあらゆる症状につながる原因となるのです。

  • ※サブラクセーションがあると脳は正確に体の状態を把握できず様々な身体機能に異常をきたします。

サブラクセーションの原因となる3のストレス

私たちが生活している中で様々な事がサブラクセーションの原因になります。

1.Trauma – 外傷

身体が受ける外傷によるもの。例えば、転んで腰を強打することや、過剰なスポーツによる外傷、交通事故によるむち打ちなど日常生活で皆さんが経験したことのある外傷です。しかしもう一つ外傷はあります。仕事上の長時間のデスクワーク、足を組むクセ、悪い姿勢(テレビやゲームをしている時の姿勢)、運動不足による筋力低下、出産時に起こる外傷。これらの外傷は気がついていない事が多く、小さな外傷が積み重なってサブラクセーションが発生します。

2.Chemical – 毒素

一般的に考えられるものは加工食品、化学調味料、防腐剤、食品添加物などの過剰な摂取することが原因になります。そのほかにも医薬品の長期使用による副作用なども上げられます。環境汚染もこのカテゴリーに入り、空気、水、土壌汚染は現代では最も問題とされています。

3.Emotion – ストレス

ストレスは現代社会で多くの方が日常的に感じられています。ネガティブ的な考え方、精神的ストレスもまたサブラクセーションの原因になります。ストレスを常に感じることで自律神経のバランスが崩れ、常に筋肉を硬直させる原因になります。この状態が長い間続いてしまうと神経の流れが悪くなり、サブラクセーションの原因になります。外傷によるサブラクセーションは気づく事が出来ますがそのほかの毒素やストレスは多くの方は気がついていません。日常生活では様々な事がサブラクセーションの原因になります。定期的にカイロプラクティックを受け、神経の流れを正常にすることが健康な身体を築きあげるには必要なのです。