当院では、初期集中期、健康回復期、健康維持期という3段階に分けたケアを提案しております。初めて来院されたほとんどの患者さんは初期集中期になります。この段階では、サブラクセーションが原因で脳と体のつながりが妨害されている状態であるため、集中的にケアを行います。

初期集中期(第1クール)

初期修復ケア

麻痺
重度の運動機能や感覚機能の低下や喪失
痺れ
軽度の感覚機能の低下や血流障害
痛み
炎症
目的 症状緩和・問題への理解
運動 軽いウォーキング
頻度 1~3回/週(椎間板の段階にて決定)
期間 初診日から1ヶ月

この段階のケアでは、慢性、急性サブラクセーションが原因で神経の状態が最も乱れている状態になっています。そのため患者さんは何らかの症状や痛みを感じている状態になります。患者さんの健康状態や椎間板の段階によって来院頻度が異なります。この段階では、アジャストメントを集中的に受けることで症状の早期改善を目的としています。

健康回復期(第2クール)

予防・メンテナンスケア

症状の軽減
背骨が不安定な状態
症状の改善
背骨の安定性が改善
機能の改善
神経機能の改善
目的 症状の予防・予防知識の理解
運動 ストレッチ・筋力トレーニング
頻度 1~2回/週
期間 初診日から3ヶ月

この段階のケアでは、神経組織が回復し神経伝達も正常化される期間となります。この段階になると、症状や痛みは緩和されてきますが、ケアをやめると、サブラクセーションはぶり返す恐れがあります。再度同じ症状や痛みを繰り返さないように、予防を目的としています。神経組織は、体の深部に位置しているため、回復には時間が必要になります。一度損傷した神経の再生速度は、1日に0.3~1ミリと言われていますので、痛みが緩和された状態でも完治した状態ではありません。3ヶ月間はしっかりとケアを続けることをお勧めしています。

健康維持期(第3クール)

ウェルネスケア

良好な状態
身体の働きが改善
楽しむ健康
体の調和が取れている状態
最高の健康
パフォーマンスの向上
目的 健康への意欲・病気の予防
運動 好きな運動
頻度 数回/月
期間 初診日から6ヶ月

この段階では、カイロプラクティックにおいて最も重要な期間になります。当院では患者さんの椎間板の段階の状態によって誤差はありますが、初診から6ヶ月を卒業としています。理由は、サブラクセーションが取り除かれ、新たな神経ネットワークが作られるからです。日常生活で、私たちの体は同じ姿勢や、活動、癖を繰り返しています。そのような同じ動作の癖を改善するためには自分の体を自分でケアする知識が必要になります。そのためにも6ヶ月という期間が必要になります。結果、病気や怪我から自分で身を守ることができる状態になり、常に体を健康な状態に維持することができるようになります。