感動の瞬間を全力でサポートします。

お産は、お母さんにも、そして赤ちゃんにとっても一大イベントです。その一大イベントを辛い思い出ではなく、本当に感動できる瞬間を体験、最高の思い出となるよう 全力でサポートします。>安心したお産を迎えるためにマタニティーカイロプラクティックがどのような役割をするのかをお伝えします。カイロプラクティックと聞いてどんなイメージをお持ちですか?多くの方は腰痛や肩凝りの時に行くというイメージが強いかもしれませんが、実はマタニティーカイロプラクティックは、赤ちゃんとママが健やかに妊娠期間を過ごし、安心してお産を迎えて頂くために大きく貢献します。

妊娠してからお産までの10ヶ月という間、なによりお母さんの体調が一番大切です。お母さんがこの周産期を健康で過ごすためにカイロプラクティックは大きな役割があります。まず妊娠中のお母さん体の様々な変化に目を向けてみましょう。妊娠中のお母さんの体は、約11~14キロ増加します。もちろん重心や姿勢は大きく変化します。また、妊娠期間中には、骨盤を中心として、脊柱を含む体の部分の靭帯がリラキシンというホルモンの分泌により緩んできます。これまでになくあらゆる関節の可動範囲が過剰になり、筋肉・腱・関節へのストレスが大きくなります。

このような構造的、内分泌的な変化には、神経系が大きな役割があります。体の構造的な変化を察知するのも神経系ですし、体の内分泌を促すのも神経系が関与しているのです。だからこそ周産期でのカイロプラクティックは重要だと考えています。すべて神経と脳がコントロールしています。周産期でのカイロプラクティックのアジャストメントを行うことで神経の流れが正常になり、本来お母さんの体に備わっている力を最大限に発揮することができるのです。

妊娠中におけるカイロプラクティック研究報告

1カイロプラクティックと分娩所要時間に関するリサーチ
(Diakow,Fallon,アメリカ1991年)
初産婦平均24%時間短縮
経産婦平均38%時間短縮
2妊娠における腰痛とカイロプラクティックに関するリサーチ
(Diakow,アメリカ1991年)
アメリカでは妊娠中にカイロプラクティックケアを受けることで84%の人に腰痛みが解消されたという報告がある。

妊娠期間の機能変化

  • 母体に様々な変化をもたらす機能
  • 赤ちゃんの命を育む機能
  • 陣痛における子宮収縮の機能
  • 作用ホルモンの調整
  • 出産後の回復
  • 母乳の分泌

妊娠初期(~妊娠4ヵ月)

様々な不安が多い時でもありますが、この時期をスムーズに健康でおくれることが、今後のマタニティーライフに大きく関係してきます。そんなお母さんの健康を私たちはサポ ートします。

妊娠中期(妊娠5カ月~妊娠7カ月)

お母さんの体の変化も落ち着いて、安定して くる時期です。お腹が大きくなる前の一番過ごしやすい時期を楽しんで過ごし、マタニテ ィーライフを楽しむために私たちはサポートします。

妊娠後期(妊娠8カ月~)

出産予定日が近くなりワクワクな気持ちと、 出産に対する不安も日に日に大きくなっていきます。そんな不安な気持ちを少しでも和らげるために、そして安心したお産をむかえるために私たちはサポートします。