女性30代

【来院に至った経緯】
もともと10年前から腰痛があり、疲れると左腰に痛みが出ていたが、休むと疼痛は改善していた。出産後から腰からお尻の部分に激痛が放散するようになった。特に朝1番に疼痛がひどく、朝の家事が困難。また寝ているときや、長時間の座位姿勢でも疼痛が悪化する。 病院で腰椎ヘルニアと診断され、ブロック注射で治療をしていたが治癒に至らず。HPを見て来院する。

【初回の状態】
①腰部起立筋硬直と炎症
②右仙腸関節の可動域制限
③腰椎カーブ過前弯(反り腰)

【経過と内容】
10年前からの腰痛で、椎間板の状態は慢性的な状態であった。レントゲンの評価では、腰椎5番の椎間板がD4~D5レベルであり、また痛みを回避していたせいか体が大きく左に傾いていた。来院した時には、下肢のシビレがひどく歩行が困難な状態であったため、初期集中期(初診日から1ヶ月)を週2回のケアを始めることになった。ケアを始めて2週間後(5回のアジャストメント)には、長時間の歩行が可能になり、シビレに大きな改善が見られたが、朝の腰の痛みは残っていた。その後も週2回のケアを続け、1ヶ月後(8回目のアジャストメント)には、朝の腰の痛みも解消され、寝ている時も気にならなくなった。
現在では、家事も問題なく行うことができる状態になった。現在は月2回のメンテナンスを行っている。

【考察】
10年前と慢性的な状態であったが、初診で来院されたときは痛みやしびれが強く、患部が炎症している急性的の問題であった。特に右側の骨盤(右仙腸関節)の可動域が制限されていたために、歩行時に腰や骨盤部に負荷をかけていたと考えられる。身体のメカニズムから、片側の骨盤に可動域制限があると、反対側の骨盤は、バランスをとるために過剰に動こうとします。その結果、炎症し、強い痛みが発症することがあります。今回のケースでも同じで、右側の骨盤の可動域制限を補うために、左側で一生懸命バランスをとっていたために、左腰の疼痛があった。また、痛みを回避するために身体が大きく左に傾いていたのも、バランスをとるためだったと考えられる。
また、朝1番の痛みは、骨盤部のサブラクセーションによって不安定になったことが原因と考えられる。身体に不安定な状態が続くと、自ら筋肉を硬直させ、その場所の補強に当たります。しかし、その緊張が寝ている時も続くことで朝に痛みが出てきます。通常は、身体を休めれば改善に向かっていきますが、サブラクセーションによって脳と身体のサイクルに異常が生じた場合、脳がしっかりと腰部や骨盤部の状態を把握することができず、対応することができない状態が続いていたことが言えます。骨盤部に対してのアジャストメントを行ったことによって骨盤に正常な可動域が回復し、神経伝達が正常に行われたことによって問題の改善につながったと考えられる。